サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【リコール】トヨタ 39車種21万台の燃料ポンプに不具合があるとして再リコール

ここから本文です

トヨタは2020年10月28日、トヨタ、レクサス、ダイハツの39車種におよぶ車両の燃料ポンプに不具合があるとしてリコールを届け出ました。

この不具合の情報は市場からの109件の報告によるものです。不具合の内容は、燃料タンク内にある低圧燃料ポンプのインペラ(樹脂製の羽根車)が、製造時の成形条件が不適切なため樹脂密度が低くなり、燃料により膨潤して変形することがあるというものです。

PSAグループの最新「CMP」プラットフォームを解剖

その場合、インペラがポンプケースと接触して燃料ポンプが作動不良となり、最悪の場合は走行中エンストに至る恐れがあります。

おすすめのニュース

サイトトップへ