サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【あの限定車は凄かった(1)】N1マシンの心臓を移植したニスモ400R(99台限定/1995年2月1日受注開始/販売価格:1200万円・当時)

ここから本文です
世紀末に現れたモンスターマシンがNISMO 400R。ノーマルの2.6Lから2.8Lに排気量アップされた専用エンジンはN1マシンと同等の400psを発生し、そのパワーに合わせてボディ/シャシには抜本的に手が入れられた。まさに究極のR33GT-Rだった。

ワークスチューンドの実力をいかんなく発揮
車名の「400R」は、N1マシンのスペックと同等であることにちなんで命名された。エンジン本体は全日本GTマシンにも搭載されたRB26DETT改の2.8Lバージョン。

おすすめのニュース

サイトトップへ