サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「アウディA1スポーツバック×ルノー・ルーテシア+プジョー・208+シトロエンC3」フレンチコンパクトの魅力を再認識

ここから本文です

「アウディA1スポーツバック×ルノー・ルーテシア+プジョー・208+シトロエンC3」フレンチコンパクトの魅力を再認識

ハッピーキャラとコスパが最高!

小さくてオシャレなコンパクトカーと言って最初に思い浮かぶのはフランス車ではないだろうか。しかもここに揃えたフレンチコンパクトはどれもモデルチェンジしたての魅力的なモデルばかり。ならば、ドイツの小さな高級車に照準を合わせ、持ち前の明るいキャラで勝負を挑んでみた!

「シトロエン・ベルランゴ+プジョー・リフター×メルセデス・ベンツ GLB」フレンチ・ミニバンは欧州ファミリーカーの主役か!?

コンパクトカーに求める要素が満載

偶然とはいえ、今回の4台はいずれもカラフルなボディカラーを身にまとっていて、色々とままならない世の中にあっては見ているだけでもなんだか気持ちが軽くなる。「下取りの時に有利だから」「冠婚葬祭で目立たぬように」などの理由で、日本では白黒シルバーのボディカラーが多く、灰色の道路の上には地味な色が行き交い、彩りに欠けていてつまらないなと自分なんかは思ってしまう。

色味が人に与える影響は大きくて、今回のようなポップな色合いだと、乗ったらきっとワクワクするのではないかと期待がふくらむ。国産車の場合はあっさり裏切られることも多いのだけれど、特にフランス車やイタリア車は黒白シルバー以外の色味と乗り味がなんとなく合っているような気がする。




光の当たり加減ではゴールドにも見える“ファロ・イエロー”と呼ばれるボディカラーはプジョー208。昨年7月から日本導入が開始されて以来、巷ではすこぶる評判がよく楽しみにしていたが、ようやくそのステアリングを握ることができた。“そのステアリング”は相変わらず異形で小ぶりのもので、テレスコ&チルトを使って下げ気味にしないとメーターパネルが視認できないというプジョー独特のレイアウトが継承されている。メーターは何層かのレイヤーによって奥行きのある3Dのような見栄えであり、でも視認性は悪くない。少なくとも、“新しい”感は満載である。

シトロエンとプジョーとルノーのフランス車はいずれもオリジナリティある味付けがされているのだけれど、しいていえばプジョーの乗り味はもっともドイツ車に近いところにいると思っている。208でもやっぱり同じように感じた。“ドイツ車に近い”というのは、フランス車の中では比較的減衰が速い足周りのセッティングで、相対的にしっかり感が全面に現れているということ。ステアリング操作に対する車両の応答性もいいが、この点に関しては後述する新しいルノー・ルーテシアも似たようになっていた。

試乗車のアリュールは16インチを履いていて、おそらくこれがベストバランスだと思われる。17インチになるとコツコツと路面の入力を拾うようになり、それこそドイツ車みたいで、フランス車らしさを求めている人の期待をやや裏切ることになるかもしれない。いまどきのフランス車は決してフワフワしていないけれど、4輪の接地感の良さがちゃんと伝わってくる穏やかな乗り心地で、同時に気持ちのいいハンドリングも両立させている。おそらく、ブレーキを使ったトルクベクタリングも効いていると思われるが、介入の仕方が極めて自然であったし、新しいプラットフォームの恩恵でもあるのだろうと推測できる。




3気筒エンジンはまったく非力ではないし8速ATとの相性も抜群でパワー不足を感じる場面はほとんどなかった。振動の抑制もお見事。その昔、“ホットハッチ”なんて言葉があったけれど、少なくともハンドリングに関してはその懐かしい呼び名を思い出してしまった。

それぞれに魅力的で運転しても心が弾む

シトロエンC3は2017年の発売当初から個人的に好意を抱いていたモデル。とにかくその角がない柔らかく愛らしいスタイリングに親近感が湧くし、ボディカラーも楽しげなものが多い。乗り味はいい意味で戦意を完全に消失させるほど牧歌的で、高速道路の法定速度すら速すぎると思ってしまうほどである。こういうクルマが道路に溢れたら、街の景色や雰囲気も明るくなるのではなかろうかと思ったりもする。

今年になってフェイスリフト版が日本へ上陸した。フロントフェイスやボディサイドのエアバンプなどの意匠が刷新され、シートもより肉厚なものに変更されている。でも幸いなことに乗り味に大きな変化はなく、相変わらず平和的な運転を満喫した。
試乗する際には必ず、試乗車の車検証を写メしている。自分の試乗のログとして残しておきたいのと、主に車重関連の情報を知りたいからだ。今回もいつものようにパチッとやって、写真のフォルダ内を眺めていたら驚いた。208とC3の車両重量が同値で、こういうことはたまにあるのだけれど、前軸重750kg/後軸重410kgで、前後重量配分までピタリ一緒だった。




この2台、エンジンはいずれも1.2Lの直列3気筒だが、ATは208が8速、C3は6速で、プラットフォームも208は最新のCMPだがC3はPF1を使っている。つまり中身はまったくの別物である。だから前後重量配分が同じでも、乗り味はまったく異なるわけで、前後に同等の荷重がかかっているということすらほとんどわからない。C3のほうが若干重心が高いものの、サスペンションのセッティングの妙により、重心由来の悪さはほとんど認められなかった。

ドラスティックな見た目の変更はないものの、ルノー・ルーテシアはプラットフォームを刷新したフルモデルチェンジである。CMF-Bは日産ノートなども共有するBセグメント用のプラットフォームで、サスペンションやステアリング系も見直されているようだ。個人的にもっとも興味を持ったのはそのボディサイズ。全長/全幅/ホイールベースは従来型よりも小さくなっているのである。モデルチェンジの度にどんどんボディが大きくなっていくクルマばかりが蔓延る昨今にあって、小さくしたとはなんとも賢明だ。それでいて居住空間が極端に狭くなった印象はなく、ラゲッジスペースはむしろ大きくなっている。パッケージを煮詰めた成果だろう。

乗り味も格段に向上している。従来型と比べると重厚感のようなものが付与されていて、直進安定性はすこぶるいい。操舵応答性とターンインからの過渡特性は208に似ているものの、ルーテシアのほうがばね上を上手に動かしながら旋回する。この時、後輪の接地感が想像以上に高く、お尻がしっかりと支えられている感触は安心感にも繋がって、躊躇なくステアリングを切っていける。




アウディA1を試したのはもうずいぶん前のことで、可もなく不可もなくくらいの印象だった。個性的なフレンチコンパクトの前では少々分が悪いだろうなと思っていたところとてもよく出来ていて、自分の記憶なんかちっともあてにならないと実感した。あるいは年次改良の効果かもしれないが、ドイツ車らしい引き締まった足元と正確なハンドリングと無駄のない挙動は潔くて清々しい。
試乗車の“25TFSI”は昨年追加導入された1Lの3気筒エンジンを搭載するモデル。7速DCTとのマッチングもよく、パワーは必要にして十分だった。ルーテシア以外の3台はすべて3気筒だったが独特の振動はどれも上手に抑え込まれており、気筒数の違いがもたらすNVへの影響は皆無と言っていいと思う。「3気筒=振動があってややウルサイ」はもはや過去の遺物となったようだ。

フレンチ3車が洗いざらしのリネンのシャツならば、A1はそれにアイロンを当てたシャツのようでもある。どちらのシャツも、それぞれに着心地がいいと感じる人がいるように、この4台もまたそれぞれに魅力的で、ボディカラーだけでなく運転しても心が弾む気分になった。何よりこの辺りのモデルは私たちにとって価格的にも近しい存在でなんともありがたい。A1だけ300万円を超えていてちょっと遠いけど。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します