サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ランチア・デルタS4ストラダーレ、1億円超えで落札 RMサザビーズ・オークション

ここから本文です

グループBカーとは

FIAは複雑になりすぎた車両のクラス分けを整理するため、それまでのグループ1~9からグループA~Nに再区分して1982年から施行する。ラリーカーではそれまで義務生産台数が400台だったグループ4から、義務生産台数が連続する12カ月間で200台のグループBに移行し、専用のマシンの開発を容易にさせる規定へ再編された。

『ランチア・デルタS4ストラダーレ、1億円超えで落札』すべての画像をみる

このグループBに真っ先に対応したのがランチアで、アバルトが開発した鋼管スペースフレームにミドシップというレーシングマシンそのものの構造を持つ後輪駆動の037ラリーを送り出し、1983年のマニュファクチャラーズ・チャンピオンを勝ち取る。

おすすめのニュース

サイトトップへ