サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > パナソニック、銅材料を青色レーザーで加工するプロセス実証センターを12月に開設

ここから本文です
パナソニック傘下のパナソニック・スマートファクトリーソリューションズ社は、銅の溶接や切断などの加工に最適な青色レーザーの高出力化技術を開発。その加工のためのプロセス実証センターを、12月1日に大阪府豊中市の事業所に開設すると発表し、11月26日に説明会を開催した。

◆青色レーザーの波長合成技術が生産性向上をもたらす
世界中で電動化への動きが進む中で、重要となっているのが駆動用モーターや二次電池など各電子デバイスの高効率化と小型化だ。その技術の要となるのが銅の加工精度である。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン