サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > プロスト不満! アルピーヌF1を去った経緯を語る「敬意が感じられなくなった」

ここから本文です

 F1のドライバーズタイトルを4回にわたって獲得したという輝かしい経歴を持つアラン・プロストが、今週の月曜日(1月17日)にアルピーヌF1のアドバイザー職を辞任したことが明らかになった。これについて当のプロストは、チーム内で孤立しているように感じたため、今回の決断を下したという。

 プロストは、チーム離脱が明らかになった後、こういう結果に至ったことについて失望していることをSNSに発表。その後、フランスのレキップ紙の取材に応じ、離脱にいたった経緯を語った。

■鈴鹿で感動的な再会。中野信治が語るF1時代の「数少ない理解者」オリビエ・パニス

 2021年シーズンから、ルノーF1を引き継いで活動することになったアルピーヌF1。

おすすめのニュース

サイトトップへ