サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 目移り必須の「堪能したいクルマ」たち!『さいたまイタフラミーティング2019』でBravo!な休日を

ここから本文です

目移り必須の「堪能したいクルマ」たち!『さいたまイタフラミーティング2019』でBravo!な休日を

彩の国埼玉に、「これでもか!」というほどにラテンなクルマが集う“特別”な1日。

文化の日でもあった去る2019年11月3日(日)、埼玉スタジアム2002の駐車場にて、『さいたまイタフラミーティング2019』がおこなわれました。

潜入!『第46回東京モーターショー2019』~プレスデー膝栗毛~

イタリア車とフランス車…どちらも“ラテン車”とひとくくりにされがちですが、国が違えばその文化は似て非なるモノ。

ドイツ車の質実剛健さとはまた異なった、独特の魅せ方や性能が持ち味で、いわばちょっと個性派に分類されるであろう、イタリアとフランスのモノ創り。

ピニンファリーナやジウジアーロといった、垂涎オーラがそこかしこからただよってくるのも、さすがイタフライベント。

みなさまの「気になる1台」が見つかるかもしれません!

アブない色香とラフさが魅惑のイタリア車

今回イタリアンラインナップの大半を占めたのは、アルファ ロメオとフィアット500(およびその派生のアバルト)。

とりわけ色ごとにズラっと並んだ500は、小さいながらも大迫力!

美しく官能的でもありながら、適度に親しみやすさを醸し出す、“人たらし”なイタリア車。

オーナーさんとクルマが互いに染まり合い、自由を謳歌しているかのように映りました。

シンプルゆえに最高の贅沢を味わえるフランス車

全体の4割ほどを占めたフランス車は、とりわけコンパクトカーの参加が多い傾向にありました。

なかでもプジョーとルノーは、ラリーモデルやR.S.といったスポーツグレードが支持されていた印象。一見ミニマリストでありつつも、使い勝手と走行性能どちらも欠かさない…そんな姿勢さえ感じられるフランス車は、日々の楽しみをモットーとしているかのように映りました。

番外編~多国籍軍も要チェック~

一通りイタフラ車をご堪能いただいたところで、場内には別の国々のクルマたちも来ておりましたので、気になる数台をピックアップしてご紹介いたします。

おわりに…

『さいたまイタフラミーティング2019』、ご覧のとおりブラボーな個体が満載なイベントと相成りました!

カテゴリとしては“大衆車”が多いのですが、その分ラリーベースとなる車種も多く、日常でスポーティさも味わえて、かつイタリア・フランスそれぞれのテイストを堪能することもできる…そんな贅沢が味わえちゃうオイシイとこ取りなクルマたち。

「おっ!コレいいな!」と思える1台が見つかりましたでしょうか?

広い会場内には物販コーナーやケータリングも充実しており、お得な価格でパーツをゲットし喜んでいたオーナーさんもお見掛けしました(笑)。

すでにイタフラ車に乗っている方も、興味があるけど一歩踏み出せないでいる方も、来年はぜひ『さいたまイタフラミーティング2020』へお出かけされてみてはいかがでしょう。

たくさんのワクワクが出迎えてくれますよ!!

[ライター・カメラ/細谷 明日葉]