サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ワゴンRが6年10か月ぶりのトップ。N-BOXは23カ月連続首位ならず(2021年10月)

ここから本文です

 2021年10月の軽自動車販売ランキングは、8808台のセールスを達成したスズキ・ワゴンRがトップだった。ワゴンRがランキング首位に立つのは2014年12月以来、6年10カ月ぶり。ホンダ・N-BOXは23カ月連続ナンバーワンは叶わなかった。

 ワゴンRは新シリーズ、スマイルが設定された新車効果があり、N-BOXは鈴鹿工場の生産調整という現状が販売台数に影響した。

日産ルークスが前月比倍増、Kカー販売2位に浮上。デイズ、eKも急伸(2021年9月)

 今年3月に生産終了を発表したホンダS660だが、11月に「650台の追加生産」を明らかにした。2022年3月の生産終了は予定どおりだが、αとβの2グレードが限定生産される。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン