サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【今年も一人勝ち?】 RAV4 カローラ アルファード!! トヨタの“強車”たち その強さの秘密と弱点は??

ここから本文です

【今年も一人勝ち?】 RAV4 カローラ アルファード!! トヨタの“強車”たち その強さの秘密と弱点は??

「販売のトヨタ」。これはクルマとしてのデキに特筆すべきものはないが、強力な販売力で台数を稼いでいると、アンチトヨタが皮肉った言葉だ。

 だが今現在のトヨタにこの言葉があてはまるかといえば、はなはだ疑問だ。豊田章男社長の「もっといいクルマをつくろうよ」の号令のもと、圧倒的な研究開発費をバックに生み出されるクルマたちは、大衆車であるはずのカローラですら高評価を獲得している。

【総勢20台超がスタンバイ!!】2020年新車カレンダー 怒涛の新車攻勢を暴く!!

 今年も一強は続くのか? 付け入る隙はないのか? “強いトヨタ”を代表する5台のモデルを取り上げ、その強さの理由、そして弱点を探る。分析は自動車評論家の渡辺陽一郎氏にお願いした。

●【画像ギャラリー】2020年も独走!!? 「強いトヨタ」の5モデルをギャラリーでチェック!!

※本稿は2019年12月のものです
文:渡辺陽一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年1月10日号

■RAV4(2019年4月登場)

3代目販売終了から2年8カ月を経て日本に再登場した5代目。悪路もかなりイケるくち

●強さの理由

 最近はSUVが人気だが、C-HRのような都会的な車種が多い。SUVはもともと悪路走破力の高いクルマとして開発され、外観も力強い印象になったが、今のSUVはデザイン重視になり過ぎた。

 その点でRAV4は、前輪駆動をベースにしたシティ派SUVながら、4WDを中心にした構成だ。外観は直線基調のオフロードSUV風で、最低地上高には190~200mmの余裕がある。

 悪路に強く、アドベンチャーとG・Zパッケージには、後輪左右の駆動力配分を変化させる機能も採用した。悪路と舗装路の両方でカーブを曲がりやすい。

 SUV本来の機能とデザインが注目され、発売も2019年4月と新しいため、SUVの最多販売車種になった。

●弱点

 RAV4は2016年に国内販売を一度終了して海外専用車になった。3年後に国内販売を復活させたが、国内市場を考慮した作りではない。終了と復活は身勝手に思える。ボディは大柄で2LのNAエンジンは少し力不足だ。

●直近6カ月の販売台数

 5月 6817台 → 6月 7822台 → 7月 8646台 → 8月 6277台 → 9月 6601台 → 10月 3920台

■カローラ(2019年9月登場)

初の3ナンバーボディとなって登場した12代目

●強さの理由

 プリウスから採用が開始された新しいプラットフォームを使い、足まわりも4輪独立式になって、従来型に比べると走行安定性と乗り心地が大幅に向上している。

 高速道路や峠道における危険回避性能も高まり、安全性も進化。衝突被害軽減ブレーキの性能もよくなり、後方の並走車両などを知らせる機能も設定した。

 通信機能が標準装着され、エアバッグが作動した時などは、オペレーターが乗員に呼びかけを行う。応答がない時は、消防や警察への通報も可能だ。

 車間距離を自動制御できるクルーズコントロールなど運転支援機能も充実して、走りから装備まで幅広く充実させた。売れゆきも堅調に推移している。

●弱点

 新型は海外仕様に比べるとボディを小さく抑えたが、5ナンバー車の従来型に比べると、ボディを拡大させて後方視界は悪くなり、駐車場や裏道で運転しにくくなった。後席の足元空間と、ワゴンの荷室も狭まっている。

●直近2カ月の販売台数 ※販売台数はセダンとツーリングの合計

 9月 5800台 → 10月 7760台

セダンのほかワゴンのツーリングもあり

■アルファード&ヴェルファイア(2015年1月登場)

アルファードのほうがヴェルファイア以上のハデ顔になった現行型

●強さの理由

 ボディの大柄な3列シートミニバンで、全幅が1800mmを超える3ナンバー車では、アルファードの登録台数が最も多い。人気の理由は徹底的な豪華指向だ。

 背の高い大きなボディは存在感も強く、フロントマスクを派手に仕上げた。現行型は2015年に発売され、2017年まではヴェルファイアが多く売れたが、2018年以降は逆転している。

 アルファードの顔立ちがヴェルファイアよりも力強くなったからだ。まさに顔で売れるミニバンだ。

 内装もインパネなどを豪華に仕上げ、特に2列目シートは座り心地、乗り心地ともに極上。スポーティになったクラウンから乗り替えるユーザーも多く、日本を代表する高級車になった。

●弱点

 2列目は快適だが、3列目は左右に跳ね上げて畳むから柔軟性が乏しい。床と座面の間隔も不足して、足を前方へ投げ出す座り方になる。外観を立派に見せ、乗員の見晴らしも考えて床と天井が高いから、乗降性はよくない。

●直近6カ月の販売台数 ※アルファード・ヴェルファイアの合計

 5月 8037台 → 6月 8036台 → 7月 9587台 → 8月 6693台 → 9月 1万1台 → 10月 7351台

ヴェルファイア

■クラウン(2018年6月登場)

15代目となる現行クラウンは、ニュルで走行性能を鍛えた。もはや「オヤジ車」ではない

●強さの理由

 クラウンは国産乗用車では最も長い伝統があり、知名度も抜群に高い。上級セダンに位置付けられ、内装の作りはていねいで、後席の居住性も快適だ。

 その一方で国内市場を重視して開発されたから、全幅は1800mmに収まり、最小回転半径は2WDの売れ筋グレードが5.3mとなる。全長は4910mmと長いが、混雑した街中や駐車場でも扱いやすい。

 現行型のプラットフォームはレクサスLSと共通化され、走行安定性が大幅に向上。運転感覚も楽しい。スポーティグレードのRSが用意され、外観もカッコよく仕上げた。従来のクラウンとは異なり、クルマ好きのユーザーにも歓迎される欧州車風のセダンに発展している。

●弱点

 欧州車的な性格は弱点にもなり得る。伝統のロイヤルサルーンが廃止され、柔軟な乗り心地も失われた。走りはよくなったが、メルセデスベンツに近づいてクラウンとしての個性は希薄。売れゆきも前年に比べて大幅に減った。

●直近6カ月の販売台数

 5月 2461台 → 6月 2740台 → 7月 2490台 → 8月 2326台 → 9月 3806台 → 10月 1723台

■シエンタ(2015年7月登場)

全長4.3m未満のコンパクトな3列シーター

●強い理由

 3列シートミニバンの最多販売車種。2019年8、9月には小型/普通車の販売1位になった。

 全長が4260mmに収まるコンパクトなボディで運転しやすく、全高も1700mm以下だから、カーブを曲がる時も腰高な印象にならない。

 その一方で薄型燃料タンクの採用により、3列目の床と座面の間隔も相応に確保した。大人が座っても、膝が大きく持ち上がって窮屈になる心配はない。

 発売当初はフロントマスクが奇抜に思えたが、発売から4年を経て普及すると、むしろ適度な個性と受け取られる。ノーマルエンジン車の価格は、Xが185万200円、Gは205万8100円(2WDの7人乗り)。出費の増える子育て世代の共感を呼んだ。

 インパネが上下に厚く圧迫感を伴う。後方視界もあまりよくない。3列目を畳む時に、2列目も動かす必要があって少し面倒だ。NAエンジンも燃費がいいため、ハイブリッドはその価格差を燃料代の節約で取り戻しにくい。

●直近6カ月の販売台数

 5月 7580台 → 6月 7981台 → 7月 1万739台 → 8月 8745台 → 9月 1万3558台 → 10月 9302台

1.5LのガソリンNAと1.5L HVを用意する

【番外コラム】 ライバル車は必ずツブすトヨタ、鬼の時代

(TEXT/渡辺陽一郎)

 2000年頃にトヨタの開発者と話をすると「○○に負けているから車内を広く確保した」など、勝ち負けの話を頻繁に聞いた。ライバル車よりも登録台数の少ない車種は、渾身の開発を行って競争相手を打ち負かす。

 スターレットは長年マーチに勝てず、1999年の初代ヴィッツで勝った。エルグランドに負けていたグランビアやグランドハイエースも、2002年に初代アルファードに刷新して勝った。

 好調に売れるライバル車が登場すると、刺客を送り込んだ。特に執拗にマークされたのがホンダだ。

 ホンダが燃料タンクを前席下に搭載して車内を広げたモビリオを発売すると、トヨタは2003年に薄型燃料タンクで床を下げた初代シエンタを投入した。ホンダがワゴン風ミニバンのストリームを発売すると、トヨタは2003年に初代ウィッシュを投入した。

 凄かったのは初代フィットの時だ。2001年に発売されて爆発的に売れると、半年後にはヴィッツに1.3Lの買い得グレードを用意して、フィットで主力のAと同価格で発売。デュエットは1.3Vを若干安く設定し、イストも加えてフィットを包囲した。

ボディサイズもストリームと同一だったことで話題をまいた初代ウィッシュ

 一連のやり方にはウンザリしたが、各メーカーともトヨタに鍛えられた。ホンダの低床技術はその代表だ。

 そのトヨタが今は大人しく、ヴィッツ、パッソ、ルーミーなどは質感や快適性がライバル車に劣る。トヨタのシェアは今も多いが、新車需要の40%近くを占める軽自動車を除いた話だ。

 トヨタがボンヤリして国内市場全体の緊張が緩み、商品力も全社的に下がって販売低迷が続いている。


●【画像ギャラリー】2020年も独走!!? 「強いトヨタ」の5モデルをギャラリーでチェック!!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します