サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > サーキット走行は最後まで気を抜けない! 愛車を守る「チェッカー後」の儀式とは

ここから本文です

インラップの「走行風」で車体全体を冷ますのが大事

 サーキット走行会に参加して、楽しく走ったあとにチェッカーフラッグ。ここで「ふ~、終わった終わった」と一息つくのはちょっと早い。チェッカーを受けてからピットインするまでのインラップはけっこう重要だ。この1周はエンジン、ブレーキ、タイヤなどを冷やす重要なラップで、通常より1速か2速高いギアを使ってエンジンの回転数を抑えながら、かつそれなりに速いペースで走るのがコツ。

見逃してはいけないクルマの「悲鳴」! サーキット走行中に行うべき「診断」とは

 熱くなったエンジン、ブレーキ、タイヤなどを冷ますには、風をしっかり当てることが重要。

おすすめのニュース

サイトトップへ