サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【試乗速報 後編】ホンダ CBR1000RR-RファイアブレードSP日本仕様「回転数で3段階に炸裂するエンジン」

ここから本文です
最高出力218馬力のファイアブレードは普通に乗れるのか?

新型CBR1000RR-Rファイアブレードで最もコストかけられているのは、新設計のエンジンである。レシプロ系のディメンションや動弁系を始め、随所にMotoGPマシンRC213Vの技術的ノウハウを投入、材料や部品加工などにも最新のものがおごられているからだ。
というわけで、それだけコストをかけたエンジンであるなら、パフォーマンスが高くて当然だと考える方もおいでだろう。しかし、実際は「想像以上」の仕上がりとなっていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ