サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA-F2第1戦オーストリア レース2:ルーキーのドルゴヴィッチが初優勝。松下信治は6位で2レース連続入賞

ここから本文です

 7月5日(日)、2020年FIA-F2第1戦オーストリアのスプリントレース(決勝レース2)が開催され、ルーキーのフェリペ・ドルゴヴィッチ(MPモータースポーツ)が初優勝。日本の松下信治(MPモータースポーツ)は6位、角田裕毅(カーリン)は11位、佐藤万璃音(トライデント)は17位だった。

 スプリントレースの規定周回数は28周、ピットインの義務はなし。レッドブル・リンクのコンディションは昨日に引き続き晴れ。気温は23.4℃、路面温度40.4℃のドライコンディションだ。

FIA-F2第1戦オーストリア レース1:アイロット優勝。松下は9位。角田は洗礼を受ける

 グリッドは前日のフィーチャーレースの順位が反映され、上位8台がリバースグリッドとなる。

おすすめのニュース

サイトトップへ