サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コンチネンタル、PHV向け新型AT開発…モーターと一体設計

ここから本文です

コンチネンタル(Continental)のパワートレイン部門の「ヴィテスコ・テクノロジーズ」は12月9日、プラグインハイブリッド車(PHV)向けの新型ATを開発した、と発表した。

この新型ATは、従来品に対してコストを引き下げているのが特長だ。トランスミッションの出力側に、高電圧の電気モーターを組み込み、コンパクトな設計を可能にした。さらに、機械式ギアは4つしかなく、機械式シンクロメッシュシステム、補助油圧装置、始動クラッチは持たない。

1速と2速とリバースは、電気モーターによって処理され、同期はスターターオルタネーターが行う。

おすすめのニュース

サイトトップへ