サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産、20年ぶりにエンブレム刷新 「新生・日産」の思い込めて 新型車に順次採用

ここから本文です

日産、20年ぶりにエンブレム刷新 「新生・日産」の思い込めて 新型車に順次採用

日産、20年ぶりにエンブレム刷新 「新生・日産」の思い込めて 新型車に順次採用

 日産自動車がエンブレムのデザインを刷新した。デザインを見直すのは、2001年以来の約20年ぶり。新生日産の象徴として今後の新型車に採用していく。

 新デザインは「NISSAN」の文字や円形のふちの線を細くすることにより、しなやかなデザインにまとめた。デジタル媒体などでも活用しやすいように、立体的ではなく、二次元のデザインに仕上げた。

日産、新型EV「アリア」発表 最新技術を満載 日本は2021年中旬発売 実質価格500万円から

 21年中旬に発売する「アリア」では、ちょうど従来のエンブレムを使用してきた年数と同じ20個のLEDを使用し、イルミネーションでロゴを浮かび上がらせ、電動化の未来へと進んでいることを視覚的に表現する。

 一方、丸い太陽とそれを横方向に貫く社名ラインはこれまでのものを踏しゅうした。これは創業者である鮎川義介氏が信条としていた「至誠天日を貫く(強い信念があればその想いは太陽をも貫く)」という言葉を表現している。内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)は「強い熱意を持ってすればできないことはない、日産の全員がこう思っている。日産はまだまだこんなものじゃない」とエンブレムのデザインに込められた思いを語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します