サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヴァレオ、魚眼カメラのサラウンドビュー 自動運転研究用のオープンソースデータセットとして公開

ここから本文です

ヴァレオ、魚眼カメラのサラウンドビュー 自動運転研究用のオープンソースデータセットとして公開

ヴァレオ、魚眼カメラのサラウンドビュー 自動運転研究用のオープンソースデータセットとして公開

 仏ヴァレオは、魚眼カメラのサラウンドビューに関する自動運転研究用のオープンソースデータセット「ウッドスケープ」を公開したと発表した。自動運転と駐車技術の研究開発を加速させるのが狙い。

 データセットにはヨーロッパ中を走行する複数のヴァレオ車両に搭載された4つの魚眼カメラでキャプチャーされた1万枚超の画像で構成されている。画像内の画素を複数の領域に分けるセマンティックセグメンテーションや深度推定、相対位置推定手法であるビジュアルオドメトリなど、さまざまなタスクのための付与情報(アノテーション)を使用している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します