サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 法人向け NAVITIME API、バスの定期券運賃に対応開始

ここから本文です
ナビタイムジャパンは、法人向け「NAVITIME API」のルート検索機能に、7月1日より、バスの定期券運賃の出力を追加した。バス定期券の運賃出力への対応は、同社が提供するサービスとしては初となる。

NAVITIME APIは、ルート検索やスポット検索、地図表示などの機能をAPIにて法人向けに提供するサービスだ。徒歩、公共交通、車(普通車・大型車等)など、複数の移動手段に対応していることが特徴で、特にバスデータ(時刻表、運賃、バス停位置等)は、同社独自の調査によって、全国すべての路線バスに対応。

おすすめのニュース

サイトトップへ