サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ブレーキ/テールランプがつかない」VWが再リコール、対象車をゴルフ トゥーランなど6車種3万7000台に拡大

ここから本文です

「ブレーキ/テールランプがつかない」VWが再リコール、対象車をゴルフ トゥーランなど6車種3万7000台に拡大

フォルクスワーゲングループジャパンは2月18日、『ゴルフトゥーラン』など6車種について、リヤコンビネーションランプに不具合があるとして、国土交通省に再リコールを届け出た。

不具合箇所は、リヤコンビネーションランプのバルブホルダー。材質が不適切なためバルブの熱により変形することがあり、接触不良で警告灯が点灯し、最悪の場合、制動灯及び尾灯が点灯しなくなるおそれがあるというもの。

同社は2018年1月25日、『ゴルフ・ヴァリアント1.4/103kW』、『ゴルフ・ヴァリアント1.2/77kW』、『ゴルフRヴァリアント2.0/206kW』、『ゴルフ・トゥーラン1.4/110kW』の4車種1万8686台を対象にリコールを届け出たが、対策が不十分であったため、再度対策を実施する。対象車種に『ゴルフ・オールトラック1.8/132kW』と『ゴルフトゥーランTDI/110kW』を加えるなど範囲を拡大。2013年10月21日~2018年11月29日に輸入された3万6973台を対象に、再度リコールを届け出た。

改善措置としては前回同様、全車両、リヤコンビネーションランプのバルブホルダーを対策品に交換。さらにブレーキランプおよびテールランプのバルブも新品に交換する。

不具合は2312件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します