現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アルティマはやっぱり日本にも欲しい! かっこいい!

ここから本文です

アルティマはやっぱり日本にも欲しい! かっこいい!

掲載 更新
アルティマはやっぱり日本にも欲しい! かっこいい!

中国名ティアナ改め、アルティマ登場。発表会の席上でワールドカーを明言して改名したモデルだが、そのスタイリングはなかなか。もちろん日本でも人気のトヨタ・カムリを射程距離におくだけあって早期の日本投入も望まれるモデルだ。

北米と中国のニーズは、とりわけサイズ感という点でも比較的合致する部分がある。その証拠に、中国内ではフォードの大きなピックアップが走っていたりする。そんななか登場したのが、アルティマだ。もちろん今となっては、それほど大きなサイズというわけではなく、十分に日本で通用するモデルだと思うが。

日産、中国でも可変圧縮比エンジンVCターボ搭載の新型アルティマを発表

 中国人にとっても聞きなれないこの名前、その実は中国で六代続いたティアナの後継モデルとして位置付けられる。日本では早くして販売が断たれてしまったモデルだが、ここ中国は根強い人気を保っていた。ここ中国では日本と異なり、一定数のセダン人気があるということで、羨ましい限り。発表に当たっては、中国プレスからも大注目となっていた。
 

 話題となっているのは、当然初採用となったVCターボエンジン。可変圧縮比エンジンということで、こちら中国仕様でも圧縮比を8:1から14:1までシームレスに変化させることができる。しかし排気量は北米の2.5ℓと2.0ℓであるのに対して、当初は2.0ℓのみの模様。

 上死点を変化させることに伴ってシリンダー容量も変わる構造となっていることから、排気量も1997ccから1970ccへと変化する。

 デザインは先に発表された日産Vモーション2.0コンセプトを具現化したもので、ブーメランスタイルのLEDヘッドライトの採用など、新しい日産セダンフェースを持つ。さらに特徴となるのがフローティングルーフで、Cピラーにアクセントを与えることで、軽快で安定感のあるサイドビューを実現している。


 日産はすでにこのフローティングルーフを採用しているが、単にCピラーをブラックアウトしてルーフを浮かせて見せるだけではない。リヤドアからの造形によってウインドウを小さく見せながらも、リヤシート室内からも包まれるような安心感をも実現。

 さらには、全体を低く見せる効果もある上、長いリヤウインドウによって空気抵抗の低減も視野に収めている。特にセダンにとっては、メリットの大きな手法といえるのではないだろうか。

 インテリアも魅力的で、とにかくシンプルなのはモダンリビングをアピールした初代ティアナをも想わせるものだ。またシートには、日産独自の3Dマルチレイヤードのゼログラビティシートも採用。

 さらに安全装備・快適装備としては、最新のプロパロットを採用した。中国市場にとってはこのアルティマが初導入となった。

 インフィニティも含めて、日産ブランドは隣国には多くの人気モデルを投入しているが、それらがお膝元の日本にないのが長らくの現実。それこそ世界ではダットサン・ブランドまで復活しているので、日産の素顔を一番知らないのは日本ということになる。それはともかく、少なくともアルティマだけでも、早期導入をお願いしたいところだ。なにしろ、これだけかっこいいのだから。

 

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

モータースポーツで「快進撃」! ヒョンデのスポーツブランド「N」は市販車も速くて楽しい!! リーダーが語る「躍進の原動力」とは
モータースポーツで「快進撃」! ヒョンデのスポーツブランド「N」は市販車も速くて楽しい!! リーダーが語る「躍進の原動力」とは
VAGUE
「ハイオクとレギュラー」は何が違う? ハイオクが「高い」のはなぜ? “ハイオク指定車”にレギュラーを入れたらどうなる?
「ハイオクとレギュラー」は何が違う? ハイオクが「高い」のはなぜ? “ハイオク指定車”にレギュラーを入れたらどうなる?
くるまのニュース
ベントレー最強の4ドアセダンに、新型『フライングスパー』に「ウルトラパフォーマンスハイブリッド」搭載へ
ベントレー最強の4ドアセダンに、新型『フライングスパー』に「ウルトラパフォーマンスハイブリッド」搭載へ
レスポンス
トヨタが2戦連続、今季4度目のワン・ツー達成。メーカー選手権首位に1点差に迫る/WRCラトビア
トヨタが2戦連続、今季4度目のワン・ツー達成。メーカー選手権首位に1点差に迫る/WRCラトビア
AUTOSPORT web
EV新時代の第3戦予定だったヘルシンボリ港湾地区ラウンドが急きょ2025年に開催延期へ/STCC
EV新時代の第3戦予定だったヘルシンボリ港湾地区ラウンドが急きょ2025年に開催延期へ/STCC
AUTOSPORT web
想像どおりトラックは空気抵抗の塊! この先は空気抵抗を減らす「デザイン」が重要視される時代がくる
想像どおりトラックは空気抵抗の塊! この先は空気抵抗を減らす「デザイン」が重要視される時代がくる
WEB CARTOP
GQ DRIVE──Vol.1 速水もこみち×マセラティ・グレカーレ
GQ DRIVE──Vol.1 速水もこみち×マセラティ・グレカーレ
GQ JAPAN
三菱SUVで45度の急坂にチャレンジ!4WD試乗会を奈良で8/31・9/1開催
三菱SUVで45度の急坂にチャレンジ!4WD試乗会を奈良で8/31・9/1開催
グーネット
『ギャラン』や『トレディア』オーナーの参加を三菱UKが募集中! 50周年記念ラリーを9月開催へ
『ギャラン』や『トレディア』オーナーの参加を三菱UKが募集中! 50周年記念ラリーを9月開催へ
レスポンス
タイトルを考えたノリス「首位を譲るのは辛かったが、僕はチームプレイヤー」/F1第13戦
タイトルを考えたノリス「首位を譲るのは辛かったが、僕はチームプレイヤー」/F1第13戦
AUTOSPORT web
夢のF1初優勝を達成したピアストリ、チームオーダーに翻弄され「緊張したが、チームが正しいことをしてくれた」
夢のF1初優勝を達成したピアストリ、チームオーダーに翻弄され「緊張したが、チームが正しいことをしてくれた」
AUTOSPORT web
Juju、真夏の富士戦で感じたレベルアップと自信「地味だったかもしれないですけど、すごくいいレースができた」/第4戦決勝
Juju、真夏の富士戦で感じたレベルアップと自信「地味だったかもしれないですけど、すごくいいレースができた」/第4戦決勝
AUTOSPORT web
スバル「プロジェクト・ミッドナイト」新写真を公開、グッドウッドを爆走した異次元の『WRX』
スバル「プロジェクト・ミッドナイト」新写真を公開、グッドウッドを爆走した異次元の『WRX』
レスポンス
ヒョンデ『コナ・エレクトリック』にインドネシア製電池を初搭載
ヒョンデ『コナ・エレクトリック』にインドネシア製電池を初搭載
レスポンス
トヨタ、メガバンクや損保から自社株をTOB 発行済み株式の2%を8068億円で取得
トヨタ、メガバンクや損保から自社株をTOB 発行済み株式の2%を8068億円で取得
日刊自動車新聞
スズキの新型「“2階建て”ジムニー“5ドア”」初公開! 超スゴイ「自動モデル」! 日本発売はある? 実車公開の目的とは
スズキの新型「“2階建て”ジムニー“5ドア”」初公開! 超スゴイ「自動モデル」! 日本発売はある? 実車公開の目的とは
くるまのニュース
ランチア『イプシロン』新型、限定車から納車開始、新ディーラーには高級家具も
ランチア『イプシロン』新型、限定車から納車開始、新ディーラーには高級家具も
レスポンス
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

256.4351.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0185.8万円

中古車を検索
ティアナの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

256.4351.3万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

15.0185.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村