サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ウイリアムズからF1デビューのニコラス・ラティフィ、ニコ・ロズベルグと同じ『6番』をカーナンバーに選択

ここから本文です

 2020年シーズンに、ロバート・クビサの後任としてウイリアムズからF1にデビューするニコラス・ラティフィ。彼は自身のカーナンバーに、2016年にF1チャンピオンとなったニコ・ロズベルグと同じ6番を使用することが分かった。

 ロズベルグは2016年限りでF1を引退したが、彼の使用していた番号はスポーティングレギュレーションに従い、2シーズンの間は使用できないものとなっていた。つまり、2019年シーズンには既に利用可能となっていたのだ。

■輝きを取り戻せるか。ウイリアムズ、2020年シーズンに向け”健全”な予算を確保

 ラティフィはこの番号を選択したことについて、ロズベルグとは何も関係が無いと話している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン