サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > デンソー、オルタネーター事業の一部を中国企業に譲渡

ここから本文です
 デンソーは19日、オルタネーター事業の一部を技術援助先の中国企業に譲渡すると発表した。譲渡額は非公表。事業ポートフォリオの入れ替えを進め、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)対応を加速させる。

 譲渡対象は「III型オルタネーター」と呼ばれるエンジン車用発電機の事業。デンソーは1982年に生産を始め、ピーク時には乗用車向けに世界で年間1千万台を供給してトップシェアを誇ったが、次世代型や電動車用「モータージェネレーター」などへの置き換えが進み、現在は安城製作所(愛知県安城市)に生産を集約し、年間100万台を供給している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン