サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「日産エクストレイル」の安全装備が充実。プレミアムな新グレードも設定

ここから本文です

「日産エクストレイル」の安全装備が充実。プレミアムな新グレードも設定

オーテックのカスタムカーもベース車同様にアップデート!

日産自動車は、「エクストレイル」の一部仕様を向上。1月23日より発売を開始する。同時に関連会社のオーテックジャパンが手がけるエクストレイルをベースとしたカスタムカーの「AUTECH」、「エクストリーマーX」、およびライフケアビークルの「助手席スライドアップシート」仕様もマイナーチェンジ。同じく1月23日に発売する。消費税込みの車両本体価格は、エクストレイルが2,482,700円~3,756,500円。AUTECHは3,469,400円~4,009,500円でエクストリーマーXが3,411,100円~3,697,100円、助手席スライドアップシートは3,279,000円~3,700,000円だ。

「日産エルグランド」に人気限定モデルだった「ハイウェイスター・ジェットブラックアーバンクロム」が復活!

エクストレイルは、本格SUVならではの高い走行性能や先進安全機能、先進運転支援技術の「プロパイロット」が市場でも高く評価されている。また、4WDに標準装備されている電子制御4WDシステムの「インテリジェント 4×4」も好評を博している。

今回の仕様向上では、新たにミリ波レーダーを採用するなど、一層の先進安全装備の拡充が図られた。前方の状況を監視し、車両や歩行者との衝突回避・衝突による被害軽減を支援する「インテリジェント・エマージェンシー・ブレーキ」は、ミリ波レーダーの採用により夜間時での性能が向上。同時にプロパイロットも性能が向上している。

また、前方を走行する2台前の車両を検知。急な減速などにより、 自車の回避操作が必要と判断した場合には警報によってドライバーに注意を促す「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」を新たに全車標準装備とした。加えて今回、静音タイヤの採用と遮音性を高めたことなどで静粛性も向上。快適性にも磨きがかかっている。

なお、今回から新グレードとしてシートなどの内装に上質なレザーを施した「20Xiレザーエディション」、「20Xiハイブリッド・レザー・エディション」を設定。タンレザーならではの、高級感のあるインテリアが楽しめるモデルに仕上げられている。

エクストレイルWEBカタログ:
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

オーテックジャパンが手がけるエクストレイルがベースのカスタムカーであるAUTECHやエクストリーマーX、ライフケアビークルの助手席スライドアップシート仕様もベース車と同様の仕様改良を実施。いずれも安全性能が強化されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します