サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型アクア、新開発のニッケル水素電池でバッテリーの常識を覆す! アクアを皮切りとした他車展開予測に末恐ろしいの声【みんなの声を聞いてみた】

ここから本文です

トヨタは2021年7月19日(月)、コンパクトハイブリッド車(HEV)の「アクア」をおよそ10年ぶりにフルモデルチェンジして同日発売を開始した。2代目となる新型アクアは、市販車で世界初採用となる新開発のバイボーラ型ニッケル水素電池を搭載。従来モデルに比べ2倍の出力を発揮し、燃費も20%向上させるなど、バッテリー面で大きな進化を遂げた。ここではそんな新型アクアについてSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。

新開発のバイポーラ型ニッケル水素電池を搭載

およそ10年ぶりとなるフルモデルチェンジを実施した新型アクアを画像でチェック(全59枚)

トヨタ アクアは2011年に初代モデルが登場。

おすすめのニュース

サイトトップへ