サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ’19ホンダモンキー125詳細解説【レーシング女子・岡崎静夏の試乗インプレ、その前に】

ここから本文です

’19ホンダモンキー125詳細解説【レーシング女子・岡崎静夏の試乗インプレ、その前に】

ゆるふわキャラでも走りはガチ

国内レースJ-GP3に参戦するなど活躍を続ける女性レーサー・岡崎静夏さん。今回彼女が試乗するのはホンダモンキー125〈ABS〉だ。レースで転倒しケガしてしまった後の試乗だったが、「モンキー125なら大丈夫」と笑顔。むしろあちこち行きたくなったようだ。まずはインプレッションをお届けする前に、このモデルの詳細をあらためて紹介しよう。

レーシング女子・岡崎静夏のCBR250RR試乗インプレ【どこを走っても楽しめる、バイクの理想型】

●まとめ:高橋 剛 ●写真:楠堂亜希 ●取材協力:ホンダモーターサイクルジャパン

岡崎静夏(おかざき・しずか):チャーミングな笑顔でも中身はスパルタンな「バイクフリーク」。’09~’10年、MFJレディースロードレースで2年連続王者に。全日本はGP-MONOを経て’12年からJ-GP3に参戦中。

’19ホンダモンキー125〈ABS〉

遊園地用の乗り物として作られたZ100を発端に、好評に後押しされ進化し続けた人気モデル・モンキー。長らく50ccエンジンを搭載してきたが、’18年、グロムベースの125ccエンジンを搭載してスケールアップ。遊びゴコロはそのままに、装備を充実させた。

◆マルマルとしたデザインがキュート

前、後ろ、斜めとどこから見ても角がないモンキー125は、人に優しい愛くるしいフォルムが特徴的。それでいて細部までスキのない作りとなっており、ビギナーからベテランまで満足できる1台だ。

―― 【’19 HONDA MONKEY 125〈ABS〉】主要諸元 ■全長1710 全幅755 全高1030 軸距1155 シート高775(各mm) 車重105kg (ABS 107kg) ■空冷4スト単気筒OHC2バルブ124cc 最高出力9.4ps/7000rpm 最大トルク1.1kg-m/5250rpm 4速リターン 燃料タンク容量5.6L ■タイヤサイズF=120/80-12 R=130/80-12 ●税込価格:44万円(ABS)

―― シート高660mmだった50ccモンキーに比べ、775mmのモンキー125は少し腰高。「両足のかかとが少し浮く程度だし、車重が軽いので足着きは問題なし。ハンドルも近くて扱いやすいです」(岡崎さん)

◆カラーバリエーションは3色

’19モデルのカラーバリエーションは、パールネビュラレッド、パールグリッターリングブルー、バナナイエローの4色だ。

―― (上)パールネビュラレッド(下左)パールグリッターリングブルー(下右)バナナイエロー

ホンダモンキー125のディテール解説

◆エンジン:トコトコ走れるフレンドリーな特性

グロム用をベースに、低中速域の扱いやすさを重視し専用エアクリーナーやコネクティングチューブ、マフラーを採用。フューエルインジェクションも含め独自チューニングが施されている。クランクケースのメッキリングはヒートガードの役目も。

◆中速回転域のトルクとパワーを厚くした設定

街乗りで多用する4500~6000rpm付近のパワーとトルクを厚くしている。高回転域は抑え気味だが、軽量ボディの恩恵もあり、発進停止が連続する市街地でも力強い加速感が味わえ、交通の流れに余裕を持って乗れる。

◆直進安定性の高さと操縦性能の高さを両立

しなやかさと剛性を備えたバックボーンフレームを採用。シートレールはデザインに合わせたラウンド形状としながら、剛性も確保している。スイングアームは専用の長円形断面。

◆前後を短くして上下にボリュームを持たせる台形フォルム

ホイールベースはわずか1155mm。前後長をギュッと短くし上下方向にボリュームを持たせた台形シルエットは、歴代モンキーに受け継がれるデザイン上のアイコン。かわいらしさの源になっている。

―― 歴代モンキーのデザインを踏襲

◆ブレーキ&サスペンション

―― 「倒立フロントフォークがカッコいい。フロントブレーキはφ220mmディスクで、テスト車両には安心のABSも装備されてました。リヤは2本サスペンションで、オールドスタイルを醸し出しています」(岡崎さん)。リヤディスクはφ190mmだ。

◆マフラー

―― モダンなデザインの専用マフラーには、スタイリッシュなクロームメッキ仕上げのカバーが。

◆燃料タンク

―― コロッとかわいらしい燃料タンク。容量は5.6L。燃料キャップは開け閉めしやすいヒンジ式だ。

◆シート&ステップまわり

―― モコモコしたタックロールシートがかわいらしい。厚みもあって、乗り心地は良好。「後ろに入ったHONDAロゴも効いてますよね。ステップは最小限の構成ですが、ラバー装備でなかなかの質感」(岡崎さん)

◆メーター

―― キーをオンにするとモンキーの顔イメージの表示が。「こういう遊びゴコロ、結構好きです」(岡崎さん)

◆左右スイッチ

―― 右にキルスイッチとセルボタン、左にライト系とホーン、ウインカー。一般的な構成だ。

◆車載工具

―― シート脱着に使える六角レンチとヘルメットホルダーのワイヤーのみ。かなりシンプル。

◆左サイドカバー脱着&キー

―― 車載工具と書類が収まる左サイドカバーは、メインキーで脱着することができるので簡単。メインキーはオールドウイングマークがあしらわれたウェーブキー。細部まで気使いされている。

◆シート脱着

―― 車載工具の六角レンチで左右2ヶ所のボルトを緩めればシートを取り外せる。シート下にはバッテリーやヒューズボックスが、裏側には書類入れが設けられている。シートレールも見応えあり。

◆エアバルブ

―― 最近のホンダ車はL字型エアバルブを採用。メンテナンス時には便利だ。

次ページでは、岡崎静夏さんがモンキー125に試乗。そのインプレッションをお届けする。お楽しみに。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します