サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 中身だけじゃなく「見えるところ」も進化! 「変わりすぎ」なぐらい変わった新型MIRAIの凄まじさ

ここから本文です

 プラットフォームや乗員人数だけではない大きな違いも存在

 2014年に世界初の高級セダン型燃料電池自動車としてリリースされたトヨタMIRAI。初代モデルは世界初ということもあり、水素スタンドの少なさやメーカー側の供給能力にも制約があったことなども影響し、販売台数的にはそこまで多くの台数を送り出したとは言えない状況となっていた。

700万円もしたミライが100万台の中古価格! 台数も少ない「激レア車」がわずか6年で「大下落」したワケ

 そして2020年12月には2代目となるMIRAIが登場。

おすすめのニュース

サイトトップへ