サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > イベント > 【興奮】フォーミュラEシーズン6  今、最も激しい自動車レース

ここから本文です

【興奮】フォーミュラEシーズン6  今、最も激しい自動車レース

2019年11月に開幕したフォーミュラEのシーズン6。開幕戦はサウジアラビアのディルイーヤで2連戦が行なわれ、今季も激しいレースがスタートした。そして今週2020年1月18日は場所を南米チリに移して第3戦が行なわれる。

興奮の仕掛け

BMW 30台の限定モデル「M4エディション・ヘリテージ」発売

まずは、自動車メーカーが直接参戦していることから、世界中が注目しているレースだということがある。ドイツはほぼ全社で、今季からポルシェとメルセデス・ベンツが加わった。そしてアウディ、BMWが参戦しており、他にジャガー、日産、マヒンドラ(インド)、ニオ(中国)で、ドライバーも世界のトップドライバーが顔を揃えているのだ。

そしてレギュレーションの変更などで、エンターテイメントを重視したレースになっているということも大きい。レースは市街地で行なわれ予選、決勝が1Dayで終わるスピード。また開発の競争領域が限定されているため接近戦が多いといったことが挙げられる。

そのルール変更についてだが、今季も混戦に一役買った変更がある。それは、これまでにも使われていたアタックモードが今季から225kWから235kWまで出力アップするように変更され、4分間パワーアップした状態で走行できるようになった。これが絶妙な効果を生み出し、レースの混戦を引き出す引き金になっていて面白い。

パワーアップできる権利は、決められたアクティベートゾーンを通過しないとパワーアップしないが、そのゾーンがレーシング走行ラインから外れた場所に設置される。そのため、接近戦の状態でパワーを取得しに向かうと必ず順位を下げてしまうが、新しいアタックモードは低速からの立ち上がりやストレートで抜き返すことも可能になった。

そのため、開幕2連戦を見る限りレース中盤から最終ラップまで、全車が入り乱れて順位を入れ替えるシーンが随所で見られるようになった。見るものを楽しませるエンターテイメント性の熟成に力を入れているのがわかる。

予選方式

予選はこれまで同様250kWが最大出力で、レースは200kWで戦う。その新アタックモードはレース中2回を消化する義務がある。つまり235kWで走れるチャンスは2回、4分×2の間だけ235kWになる。そして決勝レースは、45分プラス1周で争われる。

レースが距離ではなく時間としているのは、エネルギーマネージメントがポイントになるレースであり、バッテリーをどう使っていくのかというエンジニアレースの側面もあるからだ。だから、距離が決まってしまうとバッテリーの使い方の解が計算されてしまい、全チーム同じバッテリーを使っているため、レースは成立しなくなる。

そのためレースは時間制にし、常にトップを競わせバッテリーの消耗具合を見ながらのレースをさせる。チェッカーの時にバッテリー残量ゼロが理想というわけだ。ちななみ、開幕戦で優勝したサム・バードのマシンは残量0.8%で、完璧なマネージメントだった。

さらにファン投票により得られる「ファンブースト」は人気上位5人のドライバーが得られる権利で、250kWが5秒間だけ使えるブーストだ。

また予選は前レースの順位の上位から4グループに分けて6台ずつで予選を走る。そしてグループトップになると新たにポイント1が今季から付与されることになった。

さらにレースは市街地であることから、コースコンディションがダスティなケースが多く、前回優勝したドライバーがタイムを伸ばせないという現象が毎レース起こっている。これは今季も変更なく従来と同様の仕組みで行なわれている。予選はグループ1から順番にグループ4まで行なわれるが最初に走るトップグループが最もタイムを出しにくい条件で予選を走る。

だから開幕戦でもグループ1(前年最終戦の上位6台)のドライバーの多くが予選下位に沈み、決勝はリバースグリッド的な要素も含んでのレースになる。これにより一層順位変動も多く、またフルコンタクトがペナルティになるケースも少ないため、軽い接触も頻繁に起こしながらの順位争いを繰り広げている。

驚異の新人

今季から参戦したのが「メルセデス-ベンツEQ」と「タグホイヤー ポルシェ」がワークス参戦し、ドイツメーカーは全メーカー参戦と言っていいだろう。もちろんフォルクスワーゲンはアウディとポルシェがグループ企業なのは言うまでもない。さらにBMW、ジャガーがすでに参戦しており、中国からはニオ、インドからマヒンドラ 、そして日本から日産が参戦し、12チーム24台が12ヵ国14レースでチャンピオンシップを争う。

注目はメルセデスの新人ニック・デ・フリースだ。2019年は欧州F2シリーズに参戦し、2戦を残してシリーズチャンピオンを獲得し、ぶっちぎりの速さと安定性を見せた逸材。そしてF-1を選択せずFEを選択したオランダ人の24歳は、メルセデスのワークスとしてストフェル・ヴァンドーンとともに戦う。

そのデ・フリースは、開幕戦の予選ではグループ予選を通過し、上位6人で争うスーパーポールへ進出。あわやデビューレースでポールポジションか?という驚異のスピードを見せた。FEマシンは通常のレースカーとかは異なる操作があるため、ドライビングも慣れが必要と言われている。だがその対応力の高さも見せていたのだ。ちなみに、デ・フリースは今季のトヨタ・ガズーレンシングが戦うWECで、TS050のテストに参加もしていた。

一方、日産はシーズン5で使用していたツインモーター式のパワートレーンがレギュレーションで禁止されたため、今季は新規のパワートレーンで戦うことになる。シーズン5のドライバーランキングを2位で終えたブエミは開幕戦、マシントラブルでリタイヤしている。そしてオリバー・ローランドは4位に入る活躍を見せ、日産のシリーズチャンピオンには期待がかかる。

開幕戦はアウディのサテライト、サム・バードが優勝

決勝レースは、激しい順位の入れ替えがある中で、レース巧者のサム・バードが勝利した。エンビジョン ・バージンレーシングでアウディのサテライトチーム。チームメイトのフラインスも昨シーズン優勝経験があり強力なチームだ。

2位は今季初参戦のポルシェでドライバーは日本でも人気の高いアンドレ・ロッテラーだ。咋季DSテチータで走っていたが、ポルシェの参戦で母国へ戻ったという印象。そして3位も今季初参戦のメルセデスEQのストフェル・ヴァンドーンが獲得している。ヴァンドーンは咋季HWA(メルセデスのワークスレースチーム)から参戦しており、今季2シーズン目になる。

ワンメイクマシン

こうして蓋を開けてみればポルシェとメルセデス、そしてアウディのサテライトが上位で、初参戦となる2チームもいきなり表彰台に上がるなど各チーム性能差は互角と見ていい。

シーズン6のマシンはシーズン5から変更はなくワンメイクだ。タイヤはミシュランから提供される溝付きの専用タイヤで雨のレースでも予選も、決勝もこのタイヤ1種類で戦う。

また、自由設計となっているのがモーターとPCU、そして変速機とダンパーだ。特にPCUにおけるエネルギーマネージメントがマシンの性能差を出す部分となるのだろうが、今のところ大きな違いは見られない。

第2戦

同じくサウジアラビアのディルイーヤで第2戦が2019年11月23日に開催されたが、開幕戦と同様にレース中盤から最終ラップまで順位を入れ替える激しい攻防が繰り広げられ、BMWのシムスが初優勝、2位もBMWでマックス・ギュンター、3位にアウディのルーカス・ディ・グラッシという順位で、日産のブエミは予選2位の速さを見せたが、レース中ダ・コスタにプッシュされスピン。順位を大きく落としてしまった。また、レースへの復帰の仕方が危険だったということでペナルティも加わり、9位に沈んだ。またローランドは7位フィニッシュしている。

咋季シリーズチャンピオンを獲得したジャン・エリック・ベルニューは精彩を描き、バッテリー交換をしたことで20グリッド降格で、最下位からのスタートとされた。また開幕戦でもマシントラブルによりリタイヤしている。

このように、24台の中で中国のニオが精彩を欠くものの、サテライトを含み全車が優勝のチャンスを握っているレースだと言っていい。特に咋季のシーズン5では途中第7戦までが優勝者が毎レース入れ替わる混戦を見せており、今季はさらに輪をかけて激しいトップ争いになっているのだ。

チーム情報

ここでチームとドライバーを整理すると
「アウディスポーツ アプト シェフラー」がダニエル・アプトとルーカス・ディ・グラッシで、サテライトが「エンビジョン ヴァージンレーシング」。ドライバーはサム・バードとロビン・フラインス。

「BMWアンドレッティ モータースポーツ」は、マックス・ギュンターとアレキサンダー・シムス。

「DSテチータ」はフランスのPSAグループ、DSのワークスでアントニオ・フェリックス・ダ・コスタと2年連続シリーズチャンピオンのジャン・エリック・ヴェルニュー。

「メルセデス・ベンツEQ」がストフェル・ヴァンドーンとニック・デ・フリースで、サテライトが「ロキット ヴェンチューリレーシング」。ドライバーは変更なく、エドアルド・モルタラ 、フェリペ・マッサだ。

新規参戦の「タグホイヤーポルシェ」はアンドレ・ロッテラーとニール・ジャニというベテランコンビだ。ロッテラーは2シーズン目になる。

「パナソニック ジャガーレーシング」はミッチ・エバンスと新人の英国人ジェームス・カラドー。

「ジェオックス ドラゴン」はアメリカのベンチャーで、F-1トロロッソやWECポルシェ919で走ったブレンドン・ハートレーと新人ニコ・ミュラー。

中国の「NIOニオ」は電気自動車メーカーで、中国国内ではSUVの2モデルを市販しているカーメーカーだ。ドライバーは日本のスーパーGT500にも参戦したオリバー・ターベイと中国人ドライバーの馬 清華(Ma Qinghua)

インドの「マヒンドラ」 はジェローム ダンブロージオとパスカル・ヴェアラインという強力なドライバー構成で、パワートレーンを咋季HWAとベンチューリに提供していたZFが担当していることなど、侮れない存在だ。

そして日産だ。咋季と変更なくセバスチャン ・ブエミとオリバー・ローランド。以上12チーム24台でいよいよ、今週末1月18日は南米チリ・サンチアゴで第3戦が行なわれる。

Twitter:https://twitter.com/autoprovenet
facebook:https://www.facebook.com/autoprovepage/
Youtube:https://www.youtube.com/user/autoprove/

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します