サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1残留に黄色信号のヒュルケンベルグ、インディカー行きもなし? エド・カーペンターが加入を完全否定

ここから本文です
 2020年のF1シートを失うことが確定的となってしまったニコ・ヒュルケンベルグ。彼はエド・カーペンター・レーシング20号車のドライバーとして、ロードコース&ストリートコース限定でインディカー・シリーズに参戦するのではないかという噂があった。

 しかし先日、チームオーナーであり自らもステアリングを握るエド・カーペンターは、motorsport.comに対してその噂を否定。カーペンター自身が今後もオーバルコースでのレースにエントリーし、ロードコースとストリートコースを担当するのはヒュルケンベルグ以外のドライバーになることを明かした。