サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「570万円でもバックオーダー2年!?」伝説の『TC24-B1Z』エンジンを搭載したOS技研S30Zの魔力

ここから本文です

ツインカムヘッドのL型が時代を超えて蘇る

OS技研の技術力を知らしめた伝説の名機

「タナベ&SSRの『GRヤリス』パーツ開発現場に潜入!」リリース間近のアイテムが盛り沢山!!

チューニングパーツメーカーとして長い歴史を持つ“OS技研”だが、その中でも忘れてはならないのが1980年に発表されたL型ベースのDOHC24バルブエンジン「TC24-B1」だ。

昭和51年式のS31Zをベースに製作されたこのチューンドは、そんな「TC24-B1」の後継にあたる「TC24-B1Z(限定受注生産/570万円)」の開発車両。なお、このTC24-B1Zはただの復刻版ではなく「今ならできること」を盛り込んでリメイクされたバージョンアップモデルだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ