サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 東京・豊洲に水素ステーション…バスにも供給、東京オリンピック・パラリンピックに対応

ここから本文です
東京ガスは1月16日、東京・豊洲に建設した水素ステーションの開所式を開催した。日本水素ステーションネットワーク(JHyM)と共同で建設したもので、乗用車タイプの燃料電池車(FCV)だけでなく、大型のFCバスにも水素を供給する日本初のオンサイト式水素ステーションだ。

東京都は2020年に東京オリンピック・パラリンピックを睨んでFCバスを100台以上普及する方針を立てており、今回のステーションはそれに対応したものだ。水素供給のためのディスペンサーは2基あり、1時間に4台のFCバスに水素が供給できる。東京ガスでは1日20台程度の利用を想定している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン