サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【ルーフ開閉、最速の7秒未満】新型アストン マーティン・ヴァンテージ・ロードスター 第2四半期 納車開始 英国

ここから本文です

【ルーフ開閉、最速の7秒未満】新型アストン マーティン・ヴァンテージ・ロードスター 第2四半期 納車開始 英国

新しいヴァンテージ・ロードスター

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

【画像】アストン マーティン ヴァンテージ・ロードスター【もっと見る】 全103枚

アストン マーティンは、新しいヴァンテージ・ロードスターを発表した。

ヴァンテージ・シリーズ全体の販売促進の期待がかかる、このポルシェ911カブリオレのライバルの価格は、12万6950ポンド(1812万円)。

現在、注文を受け付け中で、納車は今年の第2四半期に始まる予定となっている。

ハードトップの価格より6000ポンド(86万円)高くなるが、2021年モデルのアップデートの一環として、クーペの表示価格は12万900ポンド(1725万円)から11万4800ポンド(1638万円)に引き下げられている。

ヴァンテージ・ロードスターは、2人乗りの「エモーショナルな走り」を実現するクルマと呼ばれている。

クーペの並外れたドライビング・フィール、ラップタイム、コーナリング性能を維持しているが、ボディは独自のデザインに変更されている。

業界最速のコンバーチブル・トップ

アストンが業界最速と言う、完全自動ファブリック製コンバーチブル・トップの、開閉に要する時間は7秒未満、50km/hまでなら走行中での作動が可能だ。(オープン時:6.7 秒、クローズ時:6.8 秒)

スタックの高さが驚くほど低いため、2段式の積載スペースへの影響を最小限に抑え、シームレスなリア・スタイルを実現している。

「Zパターン」の軽量折りたたみルーフメカニズムにより、重量増加はわずか60kgに抑えられている。

ロードスターは、クーペと同じ4.0LツインターボV8エンジンを搭載し、最高出力は510ps、0-97km/h加速は3.7秒、ルーフを閉じた状態での最高速度は306km/h。

ハードトップモデルより、0-97km/h加速が0.2秒、最高速度は8km/hほど遅くなっている。

構造的せん断パネルとシャシー・コンポーネントを慎重に開発することにより、「走行性や洗練性を一切犠牲にすることなく、クーペの力強い運動性能とスポーツ・キャラクターを保っています」とアストンは、述べている。

アダプティブ・ダンピング、ダイナミック・スタビリティ・コントロール、ダイナミック・トルクベクタリング、エレクトロニック・リア・デファレンシャルをクーペと共有することで、洗練されたダイナミズムも受け継いでいる。

リア・ダンパー、アダプティブ・ダンピング・システム、ESPキャリブレーションは、このモデル専用のチューニングが施されている。

また、公道でもサーキットでも圧倒的なパフォーマンスを発揮できるよう、クーペから受け継がれた走行モード(Sport、Sport +、Track)を、ロードスター・モデルに合わせて調和させることによって、車両全体のレスポンスとエキサイティングな走行性能を高めている。

トランク容量は200Lで、クーペより150L小さくなっているが、フルサイズのゴルフバッグと付属品を載せるすることが可能な大きさがキープされている。

アドレナリンあふれるパフォーマンス

アストン マーティンのCEO、アンディ・パーマーは、「オープントップのアストン マーティンは、いつの時代もお客様から好評をいただいています。今回、ヴァンテージ・ロードスターを発表することができて、非常に嬉しく思っています」と述べている。

「多くの人にとって、オープントップ・スポーツカーを走らせることは、非常に爽快な体験であり、人生に活気をもたらします」

「スリリングな走りでお客様を常に魅了してきましたが、ロードスター・バージョンを追加することにより、さらにアドレナリンあふれるパフォーマンスを実現することができます」と付け加えた。

アストン マーティン・チーフエンジニアのマット・ベッカーは、「コンバーチブル・スポーツカーは、クーペ・バージョンと比較して妥協を強いられるケースが数多くありますが、ヴァンテージ・ロードスターは、正確、俊敏、印象的なハンドリング・ダイナミクスと、非常に優れた直進安定性を組み合わせるという使命の下で、一切の妥協を排しています」

「そしてもちろん、コンバーチブル・トップを開放すれば、その素晴らしいエグゾースト・サウンドを堪能することもできます」述べている。

ヴァンテージ・ラインナップにも新しいオプション

アストン マーティンは、今回のロードスターの発売に際して、ヴァンテージ・ラインナップ全体にさまざまな新しいオプションを導入している。

最も注目すべきは、リミテッドエディションのヴァンテージAMRのみで利用可能だった、7速マニュアル・トランスミッションを、スタンダードのクーペに追加できるようになったことだろう。

既存の「ハンター」グリルと平行して、アストン マーティンを象徴する伝統的な「ベーン」グリルが、クーペとロードスターの両方でオプションとして選べるようになる。

また、オプションの合金ホイールの仕上げにも、新しい選択肢が加わっている。

販売促進に期待

現行ヴァンテージの、特にヨーロッパでの需要の低さは、2019年がアストンにとって「残念な年」となった主な要因として挙げられている。

経営状態の悪化により、先週、億万長者の実業家ローレンス・ストロールが率いるコンソーシアムより、アストン マーティンの16.7%の株式と引き換えに、1億8200万ポンド(260億円)の投資を受けている。

昨年の、ヨーロッパでのヴァンテージの販売は1029台。

2006年にV8ヴァンテージが、発売直後の1年間で販売した台数の半数にしかならなかった。

一方、メルセデスAMGは、同時期にヨーロッパで、5500台を超えるAMG GTを販売している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します