サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ小型ミニバン「シエンタ」なぜ大人気? 発売6年目に見せるブレない人気とは

ここから本文です

トヨタ小型ミニバン「シエンタ」なぜ大人気? 発売6年目に見せるブレない人気とは

■発売から丸5年 シエンタはなぜ売れ続ける?

 日本の新車市場においてミニバンは人気のカテゴリのひとつですが、トヨタ「シエンタ」はそのなかでもとくに好調な売れ行きを誇るモデルです。発売から年数が経ったにも関わらず、販売台数は一時より盛り返しているといいますが、いったいどんな要因があるのでしょうか。

トヨタ車が100万円以下!? シエンタより小さい 人気ミニバン「カリヤ」とは

 シエンタは、初代モデルが2003年9月に発売されたコンパクトミニバンです。現行型となる2代目モデルは、2015年7月に発売。2018年9月にはマイナーチェンジを受け、2020年8月現在で発売から6年目となるモデルとなります。

 日本自動車協会販売連合会によると、2020年上半期(1月から6月)において、もっとも販売台数が多かったミニバンは4万194台を販売したシエンタで、総合6位という結果となりました。

 そして、2代目シエンタの過去の年間販売台数を見てみると、2015年は6万3904台、2016年は12万5832台、2017年は9万6847台、2018年は9万4048台を記録した後、2019年には11万880台と、ピークとなった2016年に迫る売れ行きを見せました。

 シエンタが販売開始から長い期間が経過しても好調な売れ行きを記録する要因とはいったいなんでしょうか。

 まず2018年9月のマイナーチェンジの効果について、トヨタの販売店スタッフは次のように説明します。

「もともとシエンタは、低床設計による広い室内空間や使い勝手の良さで人気がありました。

 その後、2018年9月におこなわれたマイナーチェンジで、お客さまから要望が多かった2列シート仕様の『FUNBASE(ファンベース)』が追加されました。これにより、さまざまなニーズに応えられるようになったのは人気の要因かと思います」

 いざというときに多人数乗車できるメリットを重視して、ミニバンに3列目シートを強く求めるユーザーは一定数存在しますが、その一方で2列シートの小型トールワゴンに対する需要もかなりあります。

 そのため、シエンタより小型な2列シートのトールワゴンとして、トヨタにラインナップされている「ルーミー」や「タンク」も、それぞれ2020年の販売ランキングでは総合8位と総合14位、販売台数は3万7622台と2万8458台を記録し、好調です。

 そしてもうひとつの要因として、前出とは別のトヨタの販売店スタッフに聞くと「シエンタを購入されるお客さまのなかには、ほかの車種と迷わずに『シエンタ一択』と話す人が目立つ印象があります」と話し、一定の“指名買い”需要があるといいます。

 マイナーチェンジによる商品力強化や、長年人気モデルであり続けたことで育まれた知名度の高さが、好調な売れ行きにつながっているといえます。

■昔から存在した? 2列シートミニバンがいま改めて評価される要因とは

 前述のとおり、シエンタでは2列シート仕様の追加が好調な売れ行きにつながっているといわれますが、2列シート仕様のミニバンが注目される風潮は、シエンタに限らずほかのミニバンでも起きています。

 シエンタに先んじて2列シート仕様をラインナップしていた小型ミニバンがホンダ「フリード」で、現行モデルの発売当初から「フリード+(プラス)」という独立したかたちでラインナップ。

 そして、シエンタは2018年9月のマイナーチェンジまで2列シート仕様がありませんでしたが(車いす仕様を除く)、フリードは初代モデルから「フリードフレックス」と「フリードスパイク」というふたつの2列シート仕様を用意していました。

 ちなみに、初代シエンタが販売されていた初期の頃も振り返ると、フリードの前身のモデルにあたる「モビリオ」にも、当時から2列シート仕様の派生車「モビリオスパイク」が存在したほか、日産の小型ミニバン「キューブキュービック」は、2列シートの「キューブ」をベースにボディを延長してミニバンに仕立てられていました。

※ ※ ※

 2列シート仕様のミニバンが注目される流れは小型ミニバンだけではなく、ミドルサイズミニバンでも見られており、2019年1月にはトヨタ「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」に「MULTI UTILITY(マルチ・ユーティリティ、MU)」と呼ばれる2列シート仕様のコンプリートカーがモデリスタブランドから登場(2020年8月現在はノア/ヴォクシーのみ設定あり)。

 また、2020年2月には日産「セレナ」を2列シート化し、かつ収納式ベッドシステムを搭載した「セレナマルチベッド」がオーテックジャパンから登場しました。

 2列シート仕様のミニバンが注目される背景について、シエンタのマイナーチェンジを担当したトヨタの製品企画チーフエンジニア 粥川宏氏は次のように説明します。

「近年、増加しているアクティブなミドルシニアからは、アウトドアレジャーに関する要望を受けています。それにあわせて、2列シート車を新たに設定しました。

 おもに、『3列目シートはいらないから、荷物がたくさん積めること』、『クルマのなかで泊まれること』、『荷室空間をカスタマイズできること』というアクティブシニアの要望をキャッチし、それに応える仕様を追加してユーザー層を広げたいという想いがありました。

 また、災害時に体を伸ばして眠れるプライベートスペースとしても活躍できるクルマだと思います。さらに避難だけでなく、その災害にボランティアとして支援をされている方の宿泊場所としても活用いただけると思います」

 多人数乗車ができるだけでなく、レジャーや車中泊用途に強いというミニバンのもうひとつの強みが改めて評価され、結果として2列シート仕様のミニバンが注目されているといえるでしょう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します