サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン、不運のリタイア「メルセデスに対するリードを広げるべき”楽”なレースだったのに」

ここから本文です
 アゼルバイジャンGPを、タイヤのパンクに端を発するクラッシュによりリタイア(正式には18位完走扱い)することになったレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。タイトル争いにおけるライバルであるルイス・ハミルトン(メルセデス)も無得点に終わったが、今回のグランプリで、選手権でのリードを拡大すべきだったと悔やんだ。

 レッドブルとフェルスタッペンは、アゼルバイジャンGPの初日から速さを見せた。予選では赤旗のタイミングに祟られ、3番グリッドを獲得するに留まったが、決勝では好ペースで走り、ピットストップのタイミングで前を行くハミルトンをオーバーカット。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン