サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2戦連続ラジエターにトラブルで、ポイント失う……ルノーF1に求められる早急な対策

ここから本文です
 2020年のF1開幕戦オーストリアGP、ルノーのダニエル・リカルドは、リタイアを余儀なくされた。その原因はラジエター。溶接が不十分であったため、水漏れが発生……その結果、オーバーヒートが引き起こされたという。レース終了後、残りのラジエターはイギリスのファクトリー送り返され、X線検査などを受けた。そして問題がないことが確認されたモノが、第2戦シュタイアーマルクGPに持ち込まれた。

 しかしそのシュタイアーマルクGPで、今度はエステバン・オコンが同じトラブルに見舞われることになった。ポイント圏内を走っていたオコンだったが、急遽ピットに呼び戻され、リタイアすることになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン