サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 今回もヤベーやつたくさん! 東京オートサロンでキラリと光っていた「ブッ飛び学生カスタム」大集合

ここから本文です

今回もヤベーやつたくさん! 東京オートサロンでキラリと光っていた「ブッ飛び学生カスタム」大集合

今回もヤベーやつたくさん! 東京オートサロンでキラリと光っていた「ブッ飛び学生カスタム」大集合

 2022年1月14日~16日に幕張メッセで開催されたカスタムカーの祭典「東京オートサロン2022」は2年ぶりの実開催。自動車メーカー発のマジな初公開マシンからド派手なカスタムカー、チューニングカーまで、感染症対策もきちんと施しつつ、出展者数366社/ブース総数3318小間、本気度MAXのごきげんなクルマが計712台も集結、3日間で12万6869人が来場しました。

 その中でも毎回「な、何じゃこりゃ~(笑)」となるヘン(褒め言葉)なマシンが多くて楽しみなのが「学生カスタム」です。自動車整備士養成専門学校の皆さんも気合いはフルスロットル、若者世代の遊び心がキラリと光っていた「ブッ飛び学生カスタム」のマシンをざっと紹介します。

【画像】東京オートサロン2022 注目の「学生カスタム」写真をまとめて見る

●あのセンチュリーをVIPにリムジン化しやがったぞぉぉ NATS

 NATS(日本自動車大学校)のブースは、いかつい系やちょっとかわいい系、ヨクワカンナイ系まで、ごきげんなカスタムカーを計14台も出展していました。

 特に目立っていたのは、めっちゃ長~い「NATS Low limo」。2代目センチュリーをベースにボディーをずどーんと延長し、シャコタンなリムジンにしてしまいました。

 ローライダースタイルを取り入れてレトロ感を演出し、「和と米の融合」を目指したそうです。あ、米とは“おこめ”じゃないですよ。確かにCピラー部や最後方へスペアタイヤを配置するスタイルは昔のリンカーンみたい。

 このLow limoは、東京オートサロン出展車両の人気投票「東京国際カスタムカーコンテスト2022」で、みごとセダン部門で最優秀賞を獲得しました。

 遠くからでも目立つ「NATS TOW MATER」は、ディズニー映画「カーズ」に登場する、ひょうきんでお調子者のレッカー車「メーター」を再現しました。ベース車は「ジムニー」、これで街中を走ればキッズの人気モノ間違いなしかな。

 この他、フェアレディZ(Z33)をベースにした「NATS S35Z」や5ドアタイプのジムニーシエラ「NATS JIMNY kimun kamy」などがブースに並んでいました。

●「軽ニッヒ」って何だ~!?!? 群馬自動車大学校/東京自動車大学校

 群馬自動車大学校/東京自動車大学校のブースでは、スズキ「キャリィ」ベースの“ちっちゃいデコトラ”「デコキャリ」とヨクワカンナイ名前の「軽ニッヒ」が目立っていました。

 デコキャリは、一見すると「イマドキのイケてるカスタムカー感」は全くない(褒め言葉)デコトラ風の派手な荷台や電飾に目が行きます。

 しかし、開発テーマは実はまじめでイマドキ。災害時や緊急時に向け、停電時なども荷台で過ごせる機能を備えたキャンピングカー兼災害時対策車として制作しました。

 続くはダイハツ「オプティ ビークス」をベースにした「何じゃこりゃー(褒め言葉)」系カスタム「GAUS 軽ニッヒ」、E46型のBMW顔にしたロードスター「BM★ロードスター」、ベンツ190顔にしたチェイサーなど、お父さん世代に刺さりそうな昭和レトロ風カスタムも「何じゃこりゃー」系でした。

 軽ニッヒのテーマは、ケーニッヒとスーパーシルエット。ケーニッヒはフェラーリのド派手外装チューンなどを手掛けるイタリアのチューニングメーカー、スーパーシルエットは1980年代に活躍した出っ歯&オバフェンばりばり”のシルエットフォーミュラマシンのことでしょうかね。

 何か、ゴツいのにキュッとこぢんまりして、チョロQみたいでかわいいです。

●「麻雀卓」で学生ならではの遊びクルマを 静岡工科自動車大学校

 静岡工科自動車大学校は、スバル「インプレッサ」(GDB)をスタンス仕様にカスタムしたという「BUG EYE」、“学生の趣味に特化したキャンピングカーを目指した”という遊び心あふれる「サンバー」を展示しました。

 BUG EYEは、名の通り“昆虫のような目/ギョッとしたびっくり目”の丸目GDBインプ(当時、日本では不評だった)を今風スタイルにリファイン。東京オートサロン出展車両の人気投票「東京国際カスタムカーコンテスト2022」のセダン部門で優秀賞を獲得しました。追って車検を取得し、学校の広報車となる1台に仕立てるそうです。

 サンバーカスタムは、外装をワーゲンバス(フォルクスワーゲン タイプII)風にし、後席+荷室を丸ごと遊び部屋に。ズンと「麻雀卓」を設置してしまいました。遊び心を理解できない大人はこう言いそう。「これどうやって4人打ちすんの?」。

●これぞ日本伝統仕様!! 車内に「ひな人形」ドーン! 関東工業自動車大学校

 関東工業自動車大学校のブースでは、ド派手な外装の「Hina doll car with KANTO」に注目が寄せられていました。あ、これは昨年2021年のオートサロンに出展するはずだったマシンですね。無事お披露目できてよかった!

 Hina doll car with KANTOは、日産「キューブ」をベースに、学校所在地である埼玉県鴻巣市の特産品「ひな人形」に敬意を表したマシンです。外装は何と手塗り、内装はひな人形に使われる生地を、そしてトランクにひな壇を設けた「おひなさま仕様」に仕立てました。

●もう1つの「注目ヤリス」はここにあった! 埼玉自動車大学校

 東京オートサロン2022で特に注目された1台が、トヨタがGRヤリスをさらにガチチューンしたモンスター「GRMNヤリス」。しかし、埼玉自動車大学校ブースの「何じゃこりゃー」なヤリス(?)にも注目が集まりました。

 「YARIS jr」は、2シーターの小型車「iQ」ベースのGRヤリス風カスタムカー。おぉ~。顔はほぼGRヤリス、でも全長・ホイールベースがやっぱり超短けぇ!

 エンジンは何と、カワサキのモンスターバイク「Ninja ZX-14R」のハイパワーユニットをリア搭載し、リア駆動化。コーナリング性能めっちゃ高そうだけれど、そのままコロンと転がりそうでもあるな。想像しただけでジャジャ馬だわこれ~!

●本家がアレならば、こっちはコレだ! 日産自動車大学校

 日産自動車が東京オートサロン会場で新型「フェアレディZ」を披露して注目を集める中、日産系である日産京都自動車大学校も、現行フェアレディZ(Z34型)らしさを残しつつ、美しい初代フェアレディZ(S30型)スタイルにしたカスタムコンセプトカー「S340Z」を展示しました。

 S340Zは、S30型のスタイルを目指し、ボンネット、丸目ライトのフロントフェンダー、バンパー、スポイラーの他、テールランプガーニッシュ、リヤゲートを自作して換装。見た目は渋い初代スタイル、中身は現代のZ34型/VQ37VHRエンジンというパッケージに仕立てました。

 この他、日産愛知自動車大学校の「P80's」もきれいでした。

 P80'sは、日産の伝説パイクカー「PAO」をベースに「おしゃれな学生が乗りたくなるクルマ」をテーマに制作。今なお通用するかわいいPAOのデザインに、オーバーフェンダー、深リムホイール、手曲げロールゲージで、クルマ好きにとっての“おしゃれ”を盛り込んだ1台です。

●「逆襲の車アー」って何だよ……! トヨタ東京自動車大学校

 トヨタ東京自動車大学校は、ガチに挑む学生フォーミュラ大会のEV車両のほか、「セリカ」にフォーカスしたカスタムカーを持ち込みました。

 1台目は「私をオートサロンに連れてって」。流面形と言われたST162型セリカをベースにしたカスタムカーです。もちろん車名の由来は映画『私をスキーに連れてって』(1987年)ですね。

 若者が気軽に乗れる四駆車、RVのようなクルマも少なかった時代、四駆ターボモデルでWRCにも参戦した「ST165型のセリカGT-FOUR」が雪道を爆走したかっこよすぎるシーンを鮮烈に覚えている人は……恐らく昭和世代の皆さんです。

 筆者はまだ生まれていません。学生さんらもそうでしょう。そんな来場者に旧車の魅力を味わってもらおうと制作しました。自動車ヘリテージの継承、たいせつ。

 もう1台は「逆襲の車アー」……! ST205型のセリカ GT-FOURをベースに、90スープラの顔を融合して、おぉぉ、一気に現代風スタイルになりました。

 赤いから「シャア」なのでしょう。「スマートな時代に逆行するかのように、ガソリン車の臭いと野性的な魅力に溢れる車両に仕上げました」とのことです。

--

 がんばれ未来のクルマクリエイター。ねとらぼは今後も応援していきます!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します