サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 王道ど真ん中! メルセデス・ベンツ Cクラスがやっぱり気になるっ!

ここから本文です

王道ど真ん中! メルセデス・ベンツ Cクラスがやっぱり気になるっ!

SUVからコンパクトまで、様々なボディタイプで幅広いラインナップを有するメルセデス・ベンツですが、やっぱりセダン&クーペは欠かせない存在です。特にCクラスはメルセデスらしい王道ど真ん中を往く基幹モデルとして、常にユーザーからの根強い支持を集め続けています。>>今回はそんなCクラスのセダン・ワゴン・クーペ・カブリオレを改めて一挙にご紹介!

4つのボディタイプ、アナタが好きなのはどれ!?

「赤坂のサニー」だって超プレミアモデルもある!メルセデス・ベンツ 190E【MOTA写真館】

Cクラスといえばこれ!「セダン&ステーションワゴン」

2018年に6500もの部品を変更する大規模なマイナーチェンジを実施したメルセデス・ベンツ Cクラスは、現行型で4代目。

ダウンサイジングターボと48Vマイルドハイブリッドの組み合わせのほか、最新の2リッタークリーンディーゼル、さらにプラグインハイブリッドまで様々なパワートレインを用意し、ユーザーの多様なニーズに応えます。

セダンのボディサイズは全長4690mm×全幅1810mm×全高1445mm(C180)で、街中でも扱いやすい適度な大きさが美点です。

Sクラスと同等の先進性を持つ安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」は、一部グレードでオプション扱いだったところ、2020年春には標準化するなど、Cクラスは常に進化を続けています。

価格はセダンが「C180」が489万円から、ステーションワゴンは「C 180 ステーションワゴン」が514万円からとなっています。

これをサラっと乗りこなせるオトナになりたい…「クーぺ&カブリオレ」

セダンとはまた雰囲気を変え、スポーティかつエレガントな装いとなったCクラスクーペ&カブリオレ。2+2ではなく、しっかり4人乗車出来るところがポイントです。

クーペのボディサイズは全長4700mm×全幅1810mm×全高1405mmと、セダンに比べ全高が低くなっています。

カブリオレのソフトトップは約20秒で電動開閉。風の巻き込みを抑えるエアキャップや、温風で首周りを温めるエアスカーフなど、乗員へのおもてなしもばっちり。しかも時速50キロ以下なら走行中でも作動出来るので、不意の通り雨が来ても安心です。

Cクラスクーペの価格は「C180クーペ スポーツ」613万円から。Cクラス カブリオレは「C180カブリオレ スポーツ」667万円からとなっています。

メルセデスAMGのとびきりスペシャルなCクラス「C63S」

そしてシリーズのなかでもとびきり特別なモデルがメルセデスAMG。中でも最高峰の「C63S」は、V8 4リッターツインターボを搭載し、最高出力510ps、最大トルク700Nmを発揮するマニア垂涎のハイパフォーマンスモデルとなっています。

12本の垂直フィンを施したC63専用の「AMGパナメリカーナグリル」は、メルセデスの歴史的なレーシングカーに由来するもの。C63シリーズには、内外装にも特別なデザインが施されているのです。

選ぶのに迷ってしまう! 多彩過ぎるラインナップ

駆け足でご紹介したメルセデス・ベンツ Cクラスの多彩過ぎるラインナップ。

トップクラスの環境性能や先進安全技術、そしてスーパーカーも驚くハイパフォーマンスまで、全方位に渡り網羅された魅力の数々がCクラスには用意されていました。ぜひアナタのお好みの1台も探してみてください。

[筆者:MOTA編集部]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します