サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > 歴代デリカを比べまSHOW Vol.2 スターワゴン2WD 2000ガソリン クリスタルライトルーフエクシード

ここから本文です

歴代デリカを比べまSHOW Vol.2 スターワゴン2WD 2000ガソリン クリスタルライトルーフエクシード

FRモデルの最上級グレード

スターワゴン2WD 2000ガソリン

2019年12月18日、アルヴェルが変わった|マイチェンおさらい

クリスタルライトルーフエクシード【P03W】

2代目デリカに追加された4WDモデルの印象がよほど強かったからか、3代目以降で注目されるのは常に4WDモデルそんな気がしてならない。たしかに、本格的なオフロード走行を見据えた設計がなされ、国内外の他メーカーには同様のモデルが見当たらない唯一にして無二の存在なだけに、4WDモデルに注目が集まるのはある意味、仕方がないことだと思う。
だが、デリカワゴンのルーツを辿ると最後に行き着くのは初代コーチ。駆動方式FRで3列シートを持つワンボックスとなれば、デリカとしての正当な後継車は2WDモデルという話も決して大げさではないはずだ。
取材車両は88年式3代目デリカの最上級グレード、エクシード。4WDモデルが爆発的に売れた3代目は、当時から2WDモデルの影が薄かった。
それだけに発売から30年以上が経過した今では、新車販売台数が少なかったこともあって現存率が極めて低く、希少性では明らかに4WDモデルを上回る。そんな状況にも関わらず、エクシードのフルオリジナル車を取材できたのは幸運以外の何物でもない。
87年に実施されたマイナーチェンジ後のモデルということで、まず大きな特徴と言えるのが延長されたフロントバンパーの装着だ。これは、当時5ナンバーサイズのボディを基本に3ℓエンジンを搭載したクラウンやセドリック、グロリアなどが大型バンパーを装着して3ナンバー化を図っていたことにも通じる手法。もっともキャブオーバー型で全長が短いデリカの場合、バンパーを大型化したところで3ナンバーにはならなかったが、最上級グレードとして他との差別化を図るという意味で狙いどころは同じだ。
また、ベロア生地を使ったシートやフルトリム内装なども最上級グレードならでは。セパレート式とされた2列目シートは3列目との回転対座が可能なだけでなく、フルフラットなどのアレンジも可能。取材車両はクリスタルライトルーフ仕様だったこともあり、室内はラグジュアリー感たっぷりで明るく開放的な雰囲気だった。
希少性の高さと独創的なフロントマスクに加え、4WDモデルの対極にあるとも言えるスマートなイメージ。デリカの歴史を振り返る時、だから3代目FRモデルのエクシードは外してはならない1台なのだ。

開放感抜群のクリスタルライトルーフ大型バンパーが独特なマスクを演出


エクシード専用として用意された大型フロントバンパー。最上級グレードであることがひと目でわかる外装上の特徴だが、取って付けた感が半端なく、明らかに見た目のバランスを崩していることも否定できない。

全高の問題から当初はFRモデルにしか用意されてなかったクリスタルライトルーフ。チルトアップ式フロントサンルーフと併せエクシードに標準、GLXにオプション設定。

ホイールは純正オプションとして用意されていた14インチアルミ。P型デリカマニア垂涎のアイテムだ。タイヤには185/80R14サイズのネクストリーが組み合わされる。

低いダッシュボードが前席の開放感を演出するだけでなく、上部をトレイとしても使えるため実用的。エクシードとGLXにはエンジン回転数感応型パワーステアリングとチルトステアリング機構が装備される。また、サイドブレーキの脇にはエクシード標準となるパワーウインドウのスイッチも確認できる。

最上級グレードらしく、シート表皮にベロア生地を採用するだけでなく、室内すべてにフルトリム処理が施されるエクシード。キャプテンタイプの2列目は530mmものスライド量を誇り、3列目との回転対座も可能。さらに、2列目前方には足を投げ出せるようにアップライトクッションが設けられる。

エアコンは各シートごとに専用の吹き出し口が用意され、2列目横のパネルで調整可能。また、エクシード標準のオーディオステージは5つのソースから同時に3つのサウンドを選んで聴ける他、マイクミキシング機構でカラオケも楽しめる。

クリスタルライトルーフ装着車は、2列目の頭上に20ワットの蛍光灯を内蔵した大型照明を装備。スライドドアやテールゲートと連動した点灯はもちろん、後方のダイヤルで3段階の調光も可能となっている。

SPECIFICATIONS
●車両型式:P03W
●全長×全幅×全高:4465×1695×1950mm
●ホイールベース:2235mm  トレッド(F/R):1445/1380mm
●車両重量:1460kg
●エンジン型式:G63B
●エンジン形式:直4SOHC
●ボア×ストローク:φ85.0×88.0mm 排気量:1997cc 圧縮比:8.5:1
●最高出力:100ps/5000rpm 最大トルク:15.9kgm/3500rpm
●トランスミッション:5速MT
●サスペンション形式(F/R):ダブルウィッシュボーン/リーフリジッド
●ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク/ドラム
●タイヤサイズ:FR185SR14

デリカパーフェクトブック 2019年11月11日発売号 より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します