サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いすゞ、コロナ禍による販売半減で最終赤字97億円…2020年4-6月期決算

ここから本文です

いすゞ自動車は8月5日、2020年4~6月期(第1四半期)の連結決算を発表。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大の影響を受け、最終損益は97億円の赤字となった。

2020年4~6月期の総販売台数は前年同期比52.1%減の6万0883台だった。国内は排ガス規制や法規制の切替による駆け込み需要の反動減を受け、同26.5%減の1万3041台。海外は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響を受け、同56.3%減の4万7842台となった。

車両以外の商品売上高は、海外生産用部品が同21.2%減の60億円、エンジン・コンポーネントは同28.1%減の248億円。

おすすめのニュース

サイトトップへ