サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1スペインGP決勝速報:レッドブル・ホンダのフェルスタッペン、残り7周で首位陥落。ハミルトン優勝、角田裕毅はトラブルでリタイア

ここから本文です

 F1第4戦スペインGPがカタルニア・サーキットで行なわれ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝。今季3勝目を挙げた。

 2位はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。1ストップ作戦のフェルスタッペンはレース前半をリードしたが、2ストップ作戦を採ったハミルトンに残り7周で逆転されてしまった。3位にはバルテリ・ボッタス(メルセデス)が入った。

■マゼピン、予選アタック妨害でペナルティ「アタック順番待ちの紳士協定は機能していない」

 4位にはシャルル・ルクレール(フェラーリ)が続き、5位にはフェルスタッペンのチームメイト、セルジオ・ペレスが入った。アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは10位に滑り込み、3戦連続でポイントを獲得した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン