現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディTTのフィナーレを飾る記念モデルの第1弾「TTSクーペ・メモリアルエディション」が日本上陸

ここから本文です

アウディTTのフィナーレを飾る記念モデルの第1弾「TTSクーペ・メモリアルエディション」が日本上陸

掲載
アウディTTのフィナーレを飾る記念モデルの第1弾「TTSクーペ・メモリアルエディション」が日本上陸

 アウディ・ジャパンは2023年4月20日、アウディTTのフィナーレを飾る記念モデルの「TTSクーペ・メモリアルエディション(TTS Coupé memorial edition)」をラインアップし、同日より発売した。車両価格は927万円の設定で、販売台数は100台の限定だ。

 アウディのプレミアムコンパクトクーペに位置するTTは、ブランドのアイコンモデルとして1998年に初代が登場して以来、3世代に渡って進化。合計世界販売台数は50万台を超え、独創的なデザインにより、世界中のコンパクトクーペに大きな影響を与えてきた。現在も依然として強い個性を放つが、いよいよその歴史の最終章を迎え、生産終了が間近に迫っている。

都会的なセンスとサステナブルな装備が調和するアウディA3シリーズの限定モデルが日本デビュー

 今回登場した「TTSクーペ・メモリアルエディション」は、そのTTの車歴を締めくくる記念モデルの第1弾に当たる。ベースモデルは既存のTTシリーズの上位スポーツグレードに位置するTTSクーペで、スポーツモデルにふさわしい軽量かつ高剛性なアルミニウムとスチールの複合構造のASF(アウディスースフレーム)ボディに、最高出力320ps/5600~6500rpm、最大トルク400Nm/2000~5600rpmを発生する“2.0TFSI” 1984cc直列4気筒DOHC16V直噴インタークーラー付ターボエンジン+7速Sトロニックトランスミッションを搭載。駆動機構にはquattro(クワトロ)4輪駆動システムを採用している。

 エクステリアについては、TTS専用のアルミルックインサート付きマットブラックペイント仕様のシングルフレームグリルをはじめ、マットブロンズカラーにダイヤモンドカットを施したAudi Sport製5Vスポークスターデザイン9J×20アルミホイール+255/30R20タイヤ、ブロンズのAudi Ringsデコラティブフィルムなどを特別装備。ボディカラーはグレイシアホワイトメタリック、ミトスブラックメタリック、クロノスグレーメタリックの3色をラインアップした。

 インテリアに関しては、エクステンデッドレザーのドアアームレストおよびセンターコンソールや、ダイヤモンドパターンを配したファインナッパレザー表皮のSスポーツシートなどを標準で採用するとともに、ブロンズコントラストステッチ&パンドグレーパイピング、ブロンズインテリアエレメント(シートサイド/センターコンソール)、ドリフトアンスラサイトのデコラティブパネルを特別装備。また、プライバシーガラスやBang&Olufsenサウンドシステム、クルーズコントロールといった快適アイテムを標準で組み込んでいる。

こんな記事も読まれています

「小さなランクル」開発中!? ランクル70は早くも“納期2年超え”! トヨタ首脳が暗示した“もっと手に入れやすい”「コンパクトクルーザー」とは?
「小さなランクル」開発中!? ランクル70は早くも“納期2年超え”! トヨタ首脳が暗示した“もっと手に入れやすい”「コンパクトクルーザー」とは?
VAGUE
京都市は「観光公害」より、昔からの「渋滞問題」を論ずる方が先決だ
京都市は「観光公害」より、昔からの「渋滞問題」を論ずる方が先決だ
Merkmal
スズキが5速MTの新型「軽ワゴン」発売! 1か月ぶりに復活!? いまや希少なクルマに対する販売店への反響は?
スズキが5速MTの新型「軽ワゴン」発売! 1か月ぶりに復活!? いまや希少なクルマに対する販売店への反響は?
くるまのニュース
環境問題よりも一般ユーザーは日々の生活が大切! BEVはユーザーがメリットを感じなければ普及しない
環境問題よりも一般ユーザーは日々の生活が大切! BEVはユーザーがメリットを感じなければ普及しない
WEB CARTOP
経産省、「CEV補助金」の新制度概要案 9つの「評価項目」の達成度に応じて補助金額を決定 LCAの観点で総合評価
経産省、「CEV補助金」の新制度概要案 9つの「評価項目」の達成度に応じて補助金額を決定 LCAの観点で総合評価
日刊自動車新聞
三浦獠太がフィアット500への思いを語る!──連載:CAR OBSESSION
三浦獠太がフィアット500への思いを語る!──連載:CAR OBSESSION
GQ JAPAN
灯油スプレーで片付けも簡単! 安くて効果てきめんなエンジンの油汚れ落とし方法【温故知新】
灯油スプレーで片付けも簡単! 安くて効果てきめんなエンジンの油汚れ落とし方法【温故知新】
WEBヤングマシン
ガチンコ勝負! ポルシェに対する新たな切り札 460馬力「BMW M2」はケイマンGTS 4.0に勝てるか?
ガチンコ勝負! ポルシェに対する新たな切り札 460馬力「BMW M2」はケイマンGTS 4.0に勝てるか?
AutoBild Japan
F1における多様性はまだまだ足りない! ハミルトンの嘆きと覚悟「やるべきことがたくさん残ってるな」
F1における多様性はまだまだ足りない! ハミルトンの嘆きと覚悟「やるべきことがたくさん残ってるな」
motorsport.com 日本版
2024年はポルシェ『911』オーナーになる…道案内しよう
2024年はポルシェ『911』オーナーになる…道案内しよう
レスポンス
<新連載>[低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「小型・薄型パワードタイプ」のチョイスのポイントを解説!
<新連載>[低音増強でカーオーディオはもっと楽しくなる]「小型・薄型パワードタイプ」のチョイスのポイントを解説!
レスポンス
冬道走行に欠かせない「スタッドレスタイヤ」以前のように“インチダウン”は不要!?「ノーマルサイズ+純正ホイール」が主流なワケ
冬道走行に欠かせない「スタッドレスタイヤ」以前のように“インチダウン”は不要!?「ノーマルサイズ+純正ホイール」が主流なワケ
くるまのニュース
未来のクルマの展示会に、旧車を懐かしむブースが登場! 往年のカタログも勢ぞろい @第12回 大阪モーターショー
未来のクルマの展示会に、旧車を懐かしむブースが登場! 往年のカタログも勢ぞろい @第12回 大阪モーターショー
月刊自家用車WEB
ノートン「Commando 961 LE  ‘MANX’」 往年の名車をモチーフにした創業125周年モデル登場
ノートン「Commando 961 LE ‘MANX’」 往年の名車をモチーフにした創業125周年モデル登場
バイクのニュース
メルセデスEQ EQS SUV【1分で読める輸入車解説/2023年版】
メルセデスEQ EQS SUV【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
[おすすめ工具] 進化を続けるソケットレンチ“Z-EAL”ラインナップ〈新型ハンドルの利便性を高める新製品が続々登場〉
[おすすめ工具] 進化を続けるソケットレンチ“Z-EAL”ラインナップ〈新型ハンドルの利便性を高める新製品が続々登場〉
WEBヤングマシン
4メートルの吸水クロス! 大型車にも対応する『超デカマックスハイパーロングクロス』が登場
4メートルの吸水クロス! 大型車にも対応する『超デカマックスハイパーロングクロス』が登場
月刊自家用車WEB
BMWが新型車「R12」「R12 nineT」を発表! R12はシート高754mmのアメリカンスポーツ
BMWが新型車「R12」「R12 nineT」を発表! R12はシート高754mmのアメリカンスポーツ
WEBヤングマシン

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1207.51254.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

268.0735.0万円

中古車を検索
クーペの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1207.51254.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

268.0735.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村