サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ハイエース搭載のディーゼルエンジンを河川排水ポンプ用に…2022年より実証実験開始

ここから本文です
豊田自動織機は4月15日、国土交通省が公募する「マスプロダクツ型排水ポンプの開発・導入・活用に関するプロジェクト」に、エンジン製造者として選定されたと発表した。

本プロジェクトは、河川排水ポンプの駆動にて、従来の専用大型ディーゼルエンジンに変え、量産車両用ディーゼルエンジンを複数台使用する新システムの実証を目指すもの。今回、豊田自動織機がトヨタ『ランドクルーザープラド』や『ハイエース』などに向け、累計120万台超の生産実績を持つ1GD-FTV型ディーゼルエンジンが採用された。

おすすめのニュース

サイトトップへ