サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1田辺TD初日会見:「我々のESは重量オーバーしていた」新型はバッテリーセルの大幅刷新で軽量化

ここから本文です
 2021年F1第15戦ロシアGPの初日はメルセデス2台が上位を独占し、予想どおりの強さを発揮した。しかしホンダ勢4台も「問題なく周回を重ねて、多くのデータを取ることができた」とホンダF1田辺豊治テクニカルディレクターは語る。

 一方で前戦イタリアGPのペナルティで3グリッド降格が決まっているマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は、FP1終了後のタイミングで4基目のパワーユニット(PU)に交換。これで決勝レースは後方グリッドからのスタートが決まった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン