サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > N-WGNにはあるのに…新型N-ONEがテレスコピック機構を採用できなかった理由

ここから本文です

販売は絶好調だけど…指摘されるのは「テレスコピックの不採用」
ボディパネルとガラスの形状がすべて先代から流用された新型N-ONE。その狙いはコストダウンも当然あるだろうが、最大の目的はN-ONEをオンリーワンの存在にする外形デザインにある。

●新型N-ONE オリジナル

【画像ギャラリー】新型N-ONEの内外装

1967年にホンダが初めて発売した軽乗用車「N360」をモチーフにし、時代を超えて幅広いユーザー層に愛され続ける「タイムレスデザイン」の確実な継承だ。

●N360(1967年)

まさに前代未聞のフルモデルチェンジ。

おすすめのニュース

サイトトップへ