サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 水素燃焼型エンジンをハイブリッドと組み合わせてタクシーに搭載!! 脱炭素の切り札となるか?

ここから本文です

 水素を燃焼するタイプのエンジンは、燃料電池と並ぶ水素エネルギーの活用法のひとつだ。すでにマツダがロータリーをベースとした水素エンジンを使用した車両で実証実験やリース販売を行っているが、限定的な使用にとどまっている。

 2021年のスーパー耐久レースに水素エンジン搭載のカローラスポーツが参戦し、また水素エンジンに注目が集まっている。しかし実用化にはまだ多くの課題がある。

ロードスターもついに電動化!? 重くなって走りは大丈夫? マツダの経営計画変更はどうなった?

 そこで、国沢光宏氏に水素燃焼型エンジンの可能性を聞いた。

おすすめのニュース

サイトトップへ