サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブルのアルボン4位に終わる。レースペース不足に「改善が必要な場所はマックスと一致している」

ここから本文です

 F1第2戦シュタイアーマルクGPをレッドブルのアレクサンダー・アルボンは6番手からスタートすると、自己ベストタイの4位入賞を記録した。

 アルボンは序盤にポジションを4番手まで上げると、ソフトタイヤからミディアムタイヤの1ストップ作戦で終盤まで4番手を単独走行していた。ただ終盤になるとセルジオ・ペレス(レーシングポイント)が好ペースでアルボンに迫り、背後からプレッシャーをかけられるようになった。

■「メルセデスと戦うには少し遅すぎる」フェルスタッペン、マシンの改善を熱望

 アルボンはなんとかペースを上げつつペレスを抑え込んだが、最終盤にはオーバーテイクに動いたペレスとの接触もあった。

おすすめのニュース

サイトトップへ