サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スーパーカー年代記 097】マクラーレン 570GTはその名のとおりグランドツーリングカー的な個性を持つ

ここから本文です

【スーパーカー年代記 097】マクラーレン 570GTはその名のとおりグランドツーリングカー的な個性を持つ

クルマ好きなら一度は憧れたことがあるだろうスーパーカー。その黎明期から現代までをたどる連載企画。第97回は「マクラーレン 570GT」だ。

マクラーレン 570GT(2016年-)
マクラーレン オートモーティブは、そのスーパースポーツカーのラインアップを、3つのシリーズで展開する。最初のスーパースポーツカー、F1から始まり、SLRマクラーレンやP1へと繋がる究極の「アルティメットシリーズ」。MP4-12Cや650といった中核モデルを展開する「スーパーシリーズ」。そしてエントリーモデルによる「スポーツシリーズ」として、まず570Sが2015年のニューヨーク モーターショーで発表された。

【くるま問答】最近のクルマにテンパータイヤはない。パンク修理キットをどう使う? 最高速は?

続く上海 モーターショーでは、スポーツシリーズの第2弾として540Cが発表された。いずれも基本的なスタイルはP1からの流れを汲むものだが、フロントまわりやボディサイドのエアインテークなどの形状が少し異なる。サイズ的には、650とほぼ変わらない。搭載されるパワーユニットも排気量は650と同じ3799ccのV8ツインターボだが、最高出力は車名のとおり570Sは570ps、540Cは540psにデチューンされ、トランスミッションはいずれも7速DCT。最大の違いはサスペンションで、スーパーシリーズ以上では油圧制御のアクティブサスを採用しているが、スポーツシリーズではオーソドックスな可変ダンパーのダブルウイッシュボーン式となっている。

2016年のジュネーブ モーターショーで、マクラーレンはスポーツシリーズのニューモデル「570GT」をワールドプレミアさせた。570Sがベースだが、車名が示すようにグランドツーリングカー的な性格が与えられたモデルだ。全長は540Cや570Sと変わらないのだが、リアセクションをファストバックスタイルにしてガラスハッチを備え、ツーリングデッキと呼ばれるラゲッジスペースを設けられたことが特徴的。ガラスハッチは使い勝手を考えて右ヒンジで横に開く。車重は570Sより40kg近く重い。

ツーリングデッキ部分はエンジンの上になる(したがって普段はエンジン本体を見ることはできない)ので、容量はあまり大きくはないが、それでも220Lのスペースがあり、フロントトランクの150Lと合わせれば、2人の小旅行くらいの荷物なら問題なく積むことができた。

また570Sと比べて、ステアリングのレシオをマイルドにしたり、サスペンションのセッティングも若干乗り心地重視に改められている。とはいえ、最高出力570psと最大トルク600Nmというパワースペックに変わりはないし、最高速度は328km/h(570Sと同じ)、0→100km/h加速は3.4秒(570Sは3.2秒)というパフォーマンスも十分なものといえるだろう。

GTといえども、マクラーレンのスポーツカーとしての基本的資質は変わらない。このスピリットは、のちのグランドツアラー モデルにも引き継がれていく。

マクラーレン 570GT 主要諸元
●全長×全幅×全高:4530×2095×1201mm
●ホイールベース:2670mm
●車両重量:1350kg
●エンジン種類:90度V8 DOHCツインターボ
●排気量:3799cc
●最高出力:570ps/7500rpm
●最大トルク:600Nm/5000-6500rpm
●燃料タンク容量:72L
●駆動方式:縦置きミッドシップRWD
●トランスミッション:7速DCT
●タイヤサイズ:前225/35ZR19、後285/35ZR19
●当時の価格:2752万7000円

[ アルバム : マクラーレン 570GT はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します