サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本車きっての宇宙船デザイン! 偉大すぎるマツダ・コスモスポーツは中身も「未来」だった 

ここから本文です

宇宙船のようなデザインに独自エンジンを搭載

 コスモスポーツが発売された1967年は、55年生まれの私は12歳で、中学1年生だった。幼稚園の卒園アルバムの表紙に自動車の絵を描くほどの私だが、コスモスポーツの姿は宇宙船のように思えた。ガソリンエンジン自動車は、1886年にドイツのカール・ベンツによって発明されて以来、自動車はレシプロエンジンを中心に進化していた。それに対し、ロータリーエンジンを搭載するコスモスポーツには、レシプロエンジンと違った造形が与えられて当然なのだが、子供の目には自動車とは見えなかったのだ。

旧車も軒並みカッコイイとは! いまも昔もイケてる歴代マツダ車の衝撃デザイン

 65歳のいまも、コスモスポーツの姿はなお独特だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ