サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 最終戦アブダビで”波乱”は繰り返される? メルセデス代表「最近の出来事が”学び”になれば」

ここから本文です
 12月5日に行なわれたF1第21戦サウジアラビアGPでは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝し、獲得ポイントでマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と並ぶことになった。しかしレース中のインシデントとその裁定に関して、またしても論争が引き起こされることになってしまった。

 トップを争っていたフェルスタッペンとハミルトンだが、フェルスタッペンはディフェンスの過程で2度のコースオフがあり、レースコントロールはポジションを譲るように指示。しかしポジションを譲ろうとして最終コーナーで減速したフェルスタッペンに、ハミルトンが追突してしまう結果を招いた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン