サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 格好いいワゴン復権? アウディ新型RS6アバント デザイナーQ&A

ここから本文です

格好いいワゴン復権? アウディ新型RS6アバント デザイナーQ&A

599psの高性能ワゴン

独アウディが、新型ワゴン・モデルの「アウディRS6アバント」を発表した。今年日本でも発売されたA6アバントのハイパフォーマンス仕様ということになる。

【画像】アウディ/プジョー/トヨタ 最新ワゴン 全72枚

勢いを失っていたワゴン市場であるが、フランスのプジョー508 SW、海外で発売されている新型カローラ・ツーリングなど、スタイリングの評価が高いモデルが増えてきている。

4代目となる新型アウディRS6アバントは、V8ツインターボ・エンジンとマイルドハイブリッドというパッケージを採用。最高出力599ps、0-100km/h加速3.6秒を実現する高性能ワゴンだ。

パフォーマンスは気になるが、ここで注目したいのは、完成度の高いその姿。ボディワークのほとんどは専用設計だという。

新型が公開されたのは、10日に開幕したフランクフルト・モーターショー。その会場で、外観のデザインを担当したフランチェスコ・ダモーレにインタビューすることができたので、スタイリングについて聞いてみよう。

DTMマシンのように

――新型をデザインするのは、チャレンジングな体験でしたか?

「従来型RS6アバントは、わたし達にとってのヒーローです。いかにして、それを乗り越えていくか検討しました」

「ベースとなるアウディA6から、たくさんの変更を加えましたよ。まさにダース・ベイダーなのです。アウトバーン・キラーと呼ぶべきですね」

ーー新型のデザインは、何から影響を受けましたか?

「RS6の歴史を振り返り、新型はクリアで、クリーンにしようと決めました。アウディのデザインは、精密さを表現しながら、実はシンプルなのです」

「レース志向のモデルを作るメーカーは、何を削いで、何を追加したかという話題に陥りがちです。わたし達が行ったのは、見る角度によってドイツのツーリングカー選手権のマシンに見えるようにした、それだけです」

パワードームに頼らず

ーー自分で気に入っているポイントは?

「ボンネットのデザインが、際立っているところですね。パワードーム(パワーを誇示する膨らんだデザインのボンネット)にはしませんでした。専用のボンネットを作るとコストが掛かってしまいますから」

「誰もが納得できるものにしてみせました。やるだけの価値はありましたよ」

スタイリングで選びたくなるモデルが登場し、勢いづく感のあるワゴン市場。アウディRS6アバントは欧州で2020年前半に発売される見込みだ。

なお、現時点で日本導入に関する情報は入っていない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します