サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ”エンジン禁止”はナンセンス? F1が自動車産業の将来に果たす”役割”とは

ここから本文です

 各国の政府は、二酸化炭素排出量削減の動きの一環として、ガソリン、ディーゼル、ハイブリッドなど、エンジンを搭載する自動車の販売を禁止する方向で動いている。例えばイギリスは、2035年までにこの実現を目指すと打ち出している。

 この世界的な動きは、F1が今後どのような方向に向かっていくのか……それについての議論も引き起こすことになった。

■F1をより健全で公平なスポーツに。F1会長、新コンコルド協定の交渉に満足

 F1では2014年から運動エネルギーと熱エネルギーを回生するハイブリッドシステムをエンジンに結合した”パワーユニット”を使用。

おすすめのニュース

サイトトップへ