サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > タイヤ交換サイクルが短いほうが儲かるのになぜ? タイヤメーカーがロングライフ化に力を入れるワケ

ここから本文です

 クルマの寿命は伸びているためタイヤ交換の機会は増えている

  いまどきのタイヤに求められるのはエコ性能と安全性の両立。タイヤラベリング制度により、走行抵抗とウエット性能が可視化されているのは、ご存じのとおりだ。また、耐久性の向上などロングライフ化も進んでいる。

いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

  とはいえ、タイヤメーカーのビジネスを考えるとロングライフ化というのは諸刃の剣に思える。

  新車がバンバン売れていた時代ならまだしも、昨今は自動車の使用期間(車齢)は伸びていて、平均で8年以上となっている。つまり、タイヤ交換をする機会は増えている。

おすすめのニュース

サイトトップへ