サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ウーブンシティでの水素エネルギー利活用の検討開始 トヨタとENEOS

ここから本文です
トヨタ自動車とENEOSは5月10日、トヨタが建設を進めるWoven City(ウーブンシティ・静岡県裾野市)での水素エネルギー利活用の具体的な検討を開始すると発表した。

トヨタは、水素を将来の有力なクリーンエネルギーと位置付け、乗用車から商用車、産業車両、鉄道、船、定置式発電にいたるまで様々な用途での水素および燃料電池(FC)技術の開発・普及に取り組んでいる。一方ENEOSは、四大都市圏にて商用水素ステーションを45か所展開する、水素事業のリーディングカンパニー。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン